高松城址蓮池

ミツバチを撮りに出かけ始めて丁度1週間。

その間、撮影時間に太陽が出ていたのは1日だけで他の日は曇か小雨でした。

ミツバチの撮影で手にかかる機材の重みに耐えかねて少し休憩する時は小さなカメラで蓮を撮りながら休みます。

早朝の光が綺麗なので太陽が出ると休憩時間が少し長くなります。

今年は葉っぱも大きく花数も多いです。

昨年の洪水の影響か、管理者の手入れが良かったのかあるいは天候の具合なのでしょうか。

早朝の風と陽の光を浴びながらまた新しい一日が始まります。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

よろしくお願いいたします。

0 コメント

ポートフォリオ用ファイルが届く

以前使用していた8x10のプリントを入れるファイルが欲しかったのでネットで検索してみると・・・・欲しい物はとんでもなく高価、オマケに並行輸入品と書かれています。

ということは日本で作っていないのか!

そこで、以前購入したB&Hで調べてみると・・・・一冊14.56ドルと以前と変わらない金額。

久しぶりに海外から取り寄せすることにしました。

岡山の田舎からでもネットだと簡単に発注完了。

発注してから丁度1週間手元に荷物が届きました。

少し軽いなと思ったら・・・・注文個数が足りてない、どうやら半分くらいはバックオーダーになっている様子。

以前と変わらぬ期待通りの中身でした。

透明ポケットはPolyglass製、透明感の有る素材で写真がとても見やすいのです。

写真を入れて完成させるのが楽しみです。

ITOYAさん日本でも是非作って下さい。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

応援よろしくお願いいたします。

0 コメント

2.5mm、3.5mmラジオスレーブプラグジャック対応

先日のこと、ラジオトリガーを持っていくのを忘れ現場で工夫を試みるも全て上手くいかず、結局10mの長いPCコードを使用して仕事をしました。

やはりコードがあると撮影上少々邪魔に思います、おまけに時々カメラから抜け落ちたり・・・・。

現場はコメットの古いスタジオ機材、写真右端の2足のプラグが本体と繋がります。

そこで、今持っているラジオトリガーが使用できる様に2.5mm、3.5mm両方のプラグジャックを繋いだ物にコードを改造しました。

コメット用(ミニカムにも使用)のプラグに2.5mm、3.5mm両方のプラグをつけたものと3.5mmのメスに2.5mmのプラグを付けたものを作っておくことにしました。

コードの方はハンダ付けした後で古典的手法で糸を巻きつけ接合部分を丈夫に加工し、その上からホットメルトで接続部分全体を包みます。

少し雑ですがなかなか丈夫に仕上がります。

もう1つの方はコード無しでハンダ付け、そのあとは同じ様にホットメルトでしっかり固定しておきます。

これで、柔軟にラジオトリガーに対応できる様になります。

規格の違うものをなるべく持たない様にすれば済むことなのですが、現実はなかなかそうはさせてくれません。

困ったら、少しまた少しと改善していくしか無さそうです。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

よろしくお願い致します。

0 コメント

久しぶりにクリップオンストロボを買う

久しぶりにクリップオンストロボを買いました。

今回はソニー用、純正品も持っているですが訳あってこちらを購入しました。

評判は惨憺たる物から素晴らしい出来まで結構幅が広い様子。

これからゆっくり性能や使い勝手を見ていきます。

とりあえず、配光特性だけ確認しておきます。

中華物にしては中々良いですね。

チャージも噂通りで早くて外付けバッテリーは要らないのではと思います。

後はおいおいテストしてみます。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

0 コメント

中国製インクジェットペーパーのカタログとサンプルが届く

先日、中国からインクジェットペーパーのカタログとサンプルが届きました。

封筒を開けてびっくりなんと種類の多いことか!

フォトペーパーだけでこれだけの種類があるとのこと。

キャンバス系

話によると世界中へ販売している様子。

販売単位が大きいのでちょっと手が出ませんが、ネットで世界は近く広くなったようですね。

そして知らない間にインクジェットペーパーは進化しているんですね。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

よろしくお願いいたします。

0 コメント

朝練2日目 高松城址ミツバチを撮る

朝練2日目、今日は5時45分出発。

小雨が降ったり止んだりの天気で陽はささずあまり汗もかきません。

撮影機材を少し調整して臨んだので、1日目より少し歩留まりが改善しました。

それでもブンブン飛ぶミツバチをマクロ撮影で追いかけるのはかなり手強いのです。

ピントはマニュアル固定にして自分の体を蜂の動きに合わせて動かしますが・・・わずか数ミリの幅しかピントが合いません。

完全にアウトフォーカスしたものやフレームに入っていないものをカットした状態です。

タイミングが良かったのか、これだけ連続して捉えられることは今まで無かったことです。(多分今後も無いでしょう)

最初の写真はこの中の一枚を少しトリミングして載せています。

朝練のミツバチマクロ撮影を終え、少し園内を散歩。

早朝の清々しい園内は実に気持ちが良いのです。

蓮の花はまだまだこれからです。

みなさん、早朝の高松城址公園を楽しみませんか。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックしてブログを応援して下さい。

よろしくお願いいたします。

0 コメント

撮影の朝練をミツバチ相手に始める

今朝早く岡山市北区にある高松城址公園へでかけました。

目的は撮影の朝練、この時期は撮影仕事が少ないので飛び回るミツバチを撮って撮影感覚を落とさないようにします。

というのは表向き、実際にやってみると撮影の奥深さやミツバチの面白さにハマってしまうのです。

撮影機材はこちら。

昨年来手入れもしていないのでアチラコチラが不具合だらけ、おかげで針金が蜘蛛の巣のように。

次回の訓練までにもう一度組み直しておきます。

今日の城址公園の蓮、これから半月ほど朝練が出来そうです。

早朝の蓮池はミツバチの楽園、今季は花芽も多く良いミツバチのポートレイトが撮れそうです。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

よろしくお願いいたします。

0 コメント

PLM用ディフューザーの修理

PLMのホワイトディフューザー、使用頻度が高くなると傷んで来ます。

特に大きなタイプは力がかかるのかつゆ先にしばしば穴があくトラブル。

小さな穴は白のテープで塞いでいたのですが、アチラコチラに小さな穴が目立ち始めたので今回はあて布をして接着剤で止めます。

アンブレラのつゆ先に当たって空いた小さな穴。

ホームセンターで買ってきたボンドと当布を用意して修理開始。

ボンドを使うと切っただけの当布もほつれないので修理が簡単です。

PLMはいま出張撮影でも活躍しているので大切に使用しています。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックしてください。

よろしくお願いいたします。

0 コメント

ニホンミツバチの巣を夏向きに交換

暑くなってきました。

毎日ニホンミツバチは巣箱の冷却とハチミツ濃縮のため巣箱の中や周りで休み無くブンブンやっています。

あまりに可愛そうなので見かねて夏用の風通しの良い架台に交換してやります。

今まで置いていた巣箱を少し移動、新しい溜桝式の架台と継ぎ足し用の巣箱を今まで設置していたところへセット。

水準器で傾き調整。

今までの巣箱の底板部分を外して風通しの良い新しい架台の上に乗せ、つなぎ止めれば巣箱の方は終了です。

後でこの上に屋根部分の板を取り付けます。

こちらは今までの巣箱の取り外した底板部分、たくさんのハチが動き回っています。

内側の色が茶色の部分は巣門近くで蜂が動き回る場所なので新しい夏用の底板にもプラットフォームとして残しています。

底板部分のネジを取り外すと既に小さなスムシが這い回っています。

直ぐにガスバーナーで底板すべてにいるスムシの幼虫を焼き殺しておきます。

スムシはミツバチの巣を食い荒らす蛾の幼虫で活動が活発になると蜜蜂の巣は縦横に食い荒らされ壊滅してしまいます。

今回、夏用の巣箱にしたのでスムシの発生も抑えられるのではないかと期待しています。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

よろしくお願い致します。

0 コメント

進路用個人撮影2日目(小さな発見)

今回の撮影予定は3日間、今日は2日目。

店を1時間前に出発。

ところが、堤防の修復工事のため道路で片側交互通行。

予想より10分ほど遅く25分前に到着、前日とは違う部屋へ荷物を運び込み20分前からセッティング開始。

少し時間の無さが影響したのか、レフの組み立て手順を少し間違えそのまま成り行き任せで組み立ててみると・・・アレレ、良いじゃないですか!

今までとはスタンドが反対方向にもセッティング出来、その上スタンドとのバランスも良くなっています。

垂直方向で使うにはセットの場所も取らずグッドです。

些細なことですが、こんなことが有ると嬉しくなります。

セッティングも時間内に終了。

後は生徒さんの登場を待つばかりです。

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

よろしくお願いいたします。

0 コメント

進路用個人撮影1日目

機材を軽トラの荷台へ積んで出発!

進路用の個人撮影(証明写真用)です。

20年ほど前の機材と比較すると随分内容が変わりました。

撮影のライテイング等の基本的なことはあまり変わっておりません。

使用するライトは全部で4灯。

以前、故障したライトは修理に出せていないので代わりのライトをCH3に使用しています。

他の3灯の倍の出力がありますがこのコマンダーからは出力変更できません。(それなりのパーツを付ければコントロールかのうになります)

一応-6.0の数値が入っているのですが手動で出力調整しています。

待ち時間があったのでキーライトに使うPLMをテストしておきました。

左が今回使用した64インチPLM、右は少しこぶりな51インチPLM。

次の出番に備え装着して実際の違いを確認しておきました。

Paul C BufのPLMは厚みが薄いので使い勝手がとても良くて大好きです。

さて、準備も出来たので生徒さんの登場を待ちます。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

よろしくお願いいたします。

0 コメント

ひまわりと備中国分寺五重塔

梅雨時期の曇り空、仕事帰りの途中備中国分寺五重塔の近くにひまわりが咲いていました。

車を止めて1、2分撮影タイム。

まだ咲き始め、梅雨が開けた夏空の下で撮影したいですね。

たくさんのひまわりの中で少しだけ変わった花びらの花があったので、PSでほんの少しだけ遊び心。(実物の花を傷つけることのないようにしましょう)

これから少しの間、備中国分寺五重塔はひまわりが多くの写真愛好家を惹きつけるのでしょうね。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

よろしくおねがいいたします。

0 コメント

あれから1年

西日本豪雨災害から1年が過ぎました。

写真は昨日撮影した真備町近くの高梁川、この写真の少し下流で真備町から流れてきた小田川と合流します。

写真でお判りのように堤防の内側の木々は未だにそのままで伐採されておりません。高梁川の流速が増さなければ支流の小田川からの流入量が落ちることは素人目にも判ります。

こちらは反対側の東側、堤防の強化はされたものの河川敷の木々はそのまま残っている様子。

中には西側と同じ様に堤防より遥かに高い木々も点在しています。

道路から見ると立派な木々が小さな森の様に見えています。

また、大雨が降ると同じ事を繰り返すのでしょうか?

自分の住んでいる周りを見回しても一年前と何も変わっていません。

 

この大きな河の水の流れが改善されれば周りの小さな川にかかる負荷がかなり軽減されると思うのですが、いかがでしょうか?

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

よろしくお願いいたします。

0 コメント

空気感を残す

早朝の備中国分寺、朝焼けの写真を何度か撮影に行きました。

素晴らしい朝焼けを期待していくのですが、ぱっとしないまま朝日が登ってきたり・・・。

そうした時でも写真を撮影して帰ります。

自転車の早朝練習でしょうか、細い農道を走って行きます。

最近のデジタルカメラは性能が良いので空気感まで写しとってしまいます。

後の現像処理でこの空気感を消さない様に注意して処理します。

少しは空気感が残っているでしょうか?

今、撮影後の後処理でとても気になるこの「空気感」。

失わないように出来ているか撮影も後処理も、とても気になります。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

よろしくお願い致します。

0 コメント

複写の仕事

少なくなりましたが複写の仕事がたまに入ってきます。

写真の撮影や処理がデジタル化され、こうした仕事もスキャナーを使って処理されることが多くなりましたが写真の状態によってはカメラで撮影したほうが結果が良い場合もあります。

今回はその中間的な状態。

少し迷いは有りましたがカメラで複写方式にしました。

写真表面に銀が浮いてテカテカと光っている上に表面に目があります。

難易度が高いものです。

処理工程は何度もやっているので問題ありませんが、後工程が楽に出来るように撮影しておきます。

使用したのはE640を2灯。

出力は1/16 40Wsです。

撮影を終えると後はフォトショップの出番です。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

よろしくお願いたします。

0 コメント

セミナーをすることになりました

来月8月1日、中国ブロック写真家連合会岡山大会にてセミナーをすることになりました。

「美しい光を求めてライティングレッスン」という題目でおしゃべりとワークショップを予定していますが持ち時間が90分しかありません。

さて、思いをお伝えすることが出来るでしょうか・・・・・今までやってきたことのすべてぶつける初めてのセミナー。

もともと人前でしゃべることが苦手な性格。

セミナーの内容についてリクエストが有ればコメント入れておいて下さい。

よろしくお願いいたします。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

よろしくお願いいたします。

0 コメント

吉備津神社あじさい園

仕事の途中、吉備津神社のあじさい園に立ち寄ってみました。

長い回廊の山側斜面には広いあじさい園があります。

写真の階段は長い回廊から岩山宮へ続く階段、その両側いっぱいにアジサイの花。

参拝の方も多くここでゆっくりした時間を過ごされている様子。

あじさい園から梅林へと続く道。

ふだんあまり通ることがありませんが、時間が有る時はゆっくり楽しみたい小道です。

回廊から見たあじさい園、後少しの間あじさいが楽しめそうです。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

よろしくお願い致します

0 コメント

シンプルなレリーズ

このところの夜間撮影はどうも上手く撮影できません。

初歩的なミスをしたり設定を面倒に感じたり・・・・・。

そこで、タイマー付きレリーズからシンプルなレリーズに切り替えました。

夜間撮影では操作性の良いキヤノンのカメラを使用していましが、ソニー用プライムレンズを少し買い足したので、本体をソニーに切り替えました。

途端に、撮影のセッティングで少しもたつく様になりました。

暗闇の中のセッティングという事もあって機材はシンプルなものの方が扱いやすくかんじます。

今まで使用していたタイマー付きのレリーズからこちらのレリーズに交換してみます。

使用する3台のカメラに取付け練習と確認作業をしておきます。

タイマー付きのリモコンと比べるとコンパクトでシンプル。

これで失敗が少なくなれば万歳ですが・・・さてどうなる事やら。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナークリックをお忘れなく!

0 コメント

低価格UVフィルターを買ってみる

Amazonでリモートスイッチを探していると、UVフィルターが目に止まりました。

そういえば先日の夜間撮影、暗闇でレンズ交換する時にレンズ面を少し汚してしまいプロテクトフィルターを付けておかないと傷を付けてしまうなと思いました。

クリックしてみると非常に低価格な製品も沢山有るようで、一つ買ってテストしてみることにしました。

レンズを清掃してから取り付けます。

取り付けるとフィルターの周りに金線が入っています。

装着前に気やすめでカラーメーターで測定・・・問題なし。

他にも気やすめを少し実施。

最後に実写テスト

フィルター付き、フィルターなしで上の様に10枚づつ撮影し、中央部と四隅を比較。

ほとんど問題なく使用できそうです。

ただ経時変化、コーティング等時間を掛けて見守らなければ判らない事もあります。

その辺りは時間をかけたテストをしてからということになります。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

よろしくお願いいたします。

0 コメント

ミツバチの巣箱用の架台製作(溜桝)

パソコン画面に向かって写真のレタッチ作業をしていると色々なことが頭に浮かび巡って消えてゆきます。

完全に集中するとそうした雑念も消え音も頭に届かなくなります。

その一歩手前の意識の中で思いついたのが今回のミツバチの巣箱用の架台です。

忘れないうちにメモ用紙にメモしておき、ホームセンターで材料を買ってきました。

試作品なので製作個数は2個。

メインの材料は家の建築現場の排水路に使われる溜枡。

価格は1個1500円ほど、後は目の細かい金網ともう少し目の小さいプラスチックのネットです。

道具類は家に有るものを使うので新たな購入はありません。

溜桝を上下逆さまにしてコンクリートを巣箱の内寸に合わせてタガネで斜めに加工します。(柔らかいので簡単に加工できます)

 

風通しを良くするため普通パイプがくるところに穴を開けて目の小さいネットをシリコンで貼り付けます。

後はコンパネと金網を写真のように加工してほぼ出来上がり。

最後に巣箱に合わせて底板(黄色い塗装コンパネ)に巣箱を乗せ上下の周りを固定すれば完成です。

完成した溜桝の架台です。

暑がっていたミツバチも巣内の風通しが良くなり少し快適になった様子です。

試作品が出来て設置してミツバチの様子にも問題がなさそうなので後は時間をつくって使用する個数だけ作ります。

 

 

お手数でも記事下のバナーをクリックして下さい。

よろしくお願いいたします。

0 コメント

部活の集合写真撮影

部活の集合写真撮影に来ています。

撮影現場はテニスコート。

30名ほどの集合写真を撮影します。

撮影前の発光テストは庭木のカイヅカイブキで、Godox AD600とAD360をリフレクターを付けて使用します。

時間は午後5時頃とはいっても日差しの一番強い季節、逆光で撮影する予定です。

3列になって横10名少々、むら無く照明するためにはライトの角度が大切です。

立体感を出すためにはスタジオライティングと同じように光を組み立てます。

帽子を付けているのでGodox AD600をキーライトにして少しライトの高さを低めに設定。

フィルインライトはAD360を使います。

一応撮影前の発光テストも終了、みなさんが並ばれライトを撮影場所に設置すると直ぐに撮影出来ます。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

よろしくお願いいたします。

0 コメント

出演依頼があった訳ではありませんが・・・

昨日、同業の方から「テレビでお会いしました」と連絡を頂きました。

私はもう30年近くもテレビは持っていないのでどういう事なのかさっぱり見当がつきません。

お話を聞くと・・・・・どうやら理解できました。

https://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg19165.html
政府広報のスポットCM「下請けいじめ防止」に出ていたらしい。
実際、超零細企業の私なので・・・・はまり役だったのかも・・・・・。

もう悪いことはできませんね!

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックしてください。

よろしくお願いいたします。

1 コメント

桃の袋掛け作業

遅れ遅れになってしまった桃の袋掛け作業ももう少しで終了します。

今の時期は大きなものでゴルフボールより一回り以上に大きいサイズ、小さなものはゴルフボール以下。

1500個ほどの桃の袋掛け作業を完了しましたが、後200個ほどが完了していません。

今日は夕方から雨が降り始めたので作業は中断。

虫が入って傷んだものは落として傷みのないものに袋を掛けますが、袋掛け作業中反対側は見えないので見逃しもかなりの数になります。(見逃すと収穫の時期には虫が袋の中で大暴れしています。)

袋を掛けにくい場所の桃がまだ沢山残っています。

雨が止むのを待って袋掛け作業を完了させるつもりです。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

よろしくお願いいたします。

0 コメント

WASABI POWER

友人からカメラ用の電池について教えてもらったので早速注文を入れておきました。

3週間ほど経った今日、やっとその商品が届きました。

名前を聞いたときは日本製かと思ったのですが・・・・やはり・・・。

使い始めてもう10年近くなる純正品はすでに劣化が進行して使用するには不安があります。

劣化の進んだ電池は今まで永く愛用してきたキヤノン製、今回発注するにあたってソニー用も一緒に頼んでみました。

商品が到着したばかりなので使用感などはまだ書けませが、これから使用して折を見て記事にしたいと思います。

一箱に2つのバッテリーと充電器(タイプの違いがあります)が入り写真のものは25米ドル前後。

非常にリーズナブルな価格はなんか問題を抱えているのでしょうか?

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックしてくださいね。

よろしくお願いいたします。

0 コメント

備中国分寺の朝焼け

先日は起きるのが少し遅かったせいか備中国分寺へ着く頃には朝焼けがピークをほんの少し過ぎてしまいました。

それでも、この時期を逃すとまた来年になってしまうので諦めずに撮影しました。

色温度設定と後処理で撮影時間を少し前に戻します。

この辺り、処理がデジタルになりとても便利になりました。

普通は見ることの出来ない田植え前の田に水が入った時の風景です。

この日は撮影時間を少し伸ばし太陽が顔を出すまで待ちました。

撮影場所を反対側に変え、田植え前の田と朝日を受けた塔を入れて撮影しました。

早起きの方が軽トラを止めて農作業をされています。

いつも運がいいのか悪いのか、クルマがよく似合う備中国分寺の田園風景です。

 

 

お手数デモブログ記事下のバナーをクリックしてください。

よろしくお願いいたします。

0 コメント

ニホンミツバチ 巣箱の点検と継ぎ足し

早朝、午前5時前ニホンミツバチの巣箱の点検と継ぎ足し作業。

暑くなってきました。

ミツバチも24時間働き続けています。

早朝から夕刻の遅い時間まで蜜や花粉の採集で飛び回り夜は巣箱の中で羽をブンブン動かして蜜の濃縮作業など、人間社会では超ブラック企業と烙印を押されることでしょう。

オマケに無給料!

2段重ねの巣箱も飼い始めて3ヶ月で手狭になっているはず。

継ぎ足し用の巣箱をもう1段入れて3段にしてやります。

順調に行けば秋ごろに3段目まで巣が伸びると思います。

時期を見計らって一番上の段を切り取って採蜜します。

2段の巣箱を持ち上げるとかなりの重量、もう10Kgを超えているように思いました。

一番下に1段入れて3段になりました。

汚れた底板も交換しました。

このタイプの底板はメッシュの入った夏用に再び交換予定で現在製作中。

こちらの巣箱は軽く何かトラブルがあったのか巣の成長が止まっています。

このまましばらく置いておきますが、やがて働き蜂もいなくなり消滅してしまうでしょう。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

よろしくお願いいたします。

0 コメント

体育館で球技大会を撮るカメラ

先日仕事先の高等学校で球技大会がありました。

私の担当は体育館、競技種目はバレーボールとバスケットボール。

掛け持ちで撮影します。

今までは12-24mm、24-105mm、70-200mmのレンズ3本とフルサイズの組み合わせでボディ2台をぶら下げて撮影していました。

今回はα6400に18-135mmで撮影してみようと持ち込みました・・・が・・・数カット撮影しただけで、タイムラグが問題でこれは使えないと判断しました。

その時、あるアイデアが・・・・。

フルサイズにAPS-C用の18-135mmを付けては・・・・。

直ぐ実行してみました。

少し使ってみると、「これは良いぞ!」ファイルサイズも最適になるしズーム範囲も1本でよく使うところをカバーしています。

最適なカメラの誕生です。(自分だけですが、大満足です。)

それから、もう一つ

顔認識とかアイフォーカス機能でネット越しの人物にピントが来ます。

ネット越しで今まで諦めていたものが簡単に撮れるようになりました。

それにしても技術の進歩は凄い、カメラを開発された方々に感謝!

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

よろしくお願いいたします。

0 コメント

ツバメで動体撮影練習

毎日、店の前を飛ぶツバメで撮影練習をします。

この時期は子育てや巣作り(手直し)などで店の前や近くの田圃の上をツバメが飛び交います。

日の出前から電線の上で賑やかにしていたりします。

ツバメの観察も含めトレーニングしながら心が休まる時間でもあります。

何やら言い争い、あるんですねツバメの社会にも・・・・。

メスにオスが何やら抗議、メスも負けていません。(メスのほうが強いのかも・・・落ち着いているようにも思えます。)

多分、左がメスで右の飛んでる方がオス。

あまり地面の上には降りませんが、飛び立つところをシュート。

毎日の練習を繰り返すことで今まで捉えられなかった場面が少しづつ撮れるようになってくるように思います。

まだまだトレーニングは続きます。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

よろしくお願いいたします。

0 コメント

岡山県で最古の写真館

先日お客様から一枚の写真を預かりました。

貼り下げ台紙には「高梁芳賀Haga」と撮影された写真館の名前がはいっています。(芳賀芙蓉軒)

以前、高梁の写真スタジオの方から岡山県で一番古い写真館の建物が残っていますと教えていただいたのですが、まさかその方が撮影されたお写真が持ち込まれるとは思ってもいませんでした。

写真はおおよそ110年前のものです。

撮影年は明治43年、変色も無くとても綺麗で写真を処理された方の凄さが伝わってきます。

自然光で撮影のようですが部屋の中の調子も出ていて秀悦な技術の持ち主だったようです。

台紙の裏には撮影年月日と撮影された方のお名前と年齢が書かれていました。

現在、地元高梁市ではスタジオの保存運動も持ち上がっているそうで、全国的に見てもスタジオとして最古級の建物のようです。

 

岡山県写真家協会の一員として何かお役に立てることがあれば是非協力したいと思います。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

よろしくお願いいたします。

0 コメント

備中国分寺を撮る

朝早く目が覚めたので、備中国分寺の朝焼けを撮影に行ってきました。

昨日は雨がすごかったので今日は朝焼けが綺麗だろうと想像しながら車を走らせ日の出が見える位置へ。

既に5、6人の早起きの方が三脚の上にカメラを乗せて待機中。

朝の挨拶を交わしながら水路の近くへ荷物を下ろしカメラをセット。

待っている間に人が田の畦を通ったり、車が入ってきたり・・・・。

田植えの終わった田と走る車、そして五重塔・・・・朝焼のピークはもう少し後。

フォトショップでトーンカーブを少しだけ動かしてみました。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

よろしくお願いいたします。

0 コメント

工場内機械撮影の光源

撮影に少し余裕があったのか、今回はカラーメーターを持ち込んで撮影時に場所による違いなど測定させていただきました。

上の写真は今回撮影場所の蛍光灯。

色温度は4800K近辺、機械の撮影では床の色反射がかなり出ます。

こちらは次回の撮影場所、今度は機械も大きくなり設置場所は天井が高くかなりの数の「水銀灯?」が取り付けられています。(電球の型番を確認することは出来ませんでした)

しかも外光も少し入るので難易度高そうです。

次回の撮影までに色々と対策を考えておかなければなりません。

撮影を終え機材を積み込んで帰ります。

撮影中の写真は残念ながら掲載不可なので載せることは出来ません。

余談ですが、店の仕事場の蛍光灯は演色性が高いです。

東芝製の色評価用です。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

0 コメント

機械撮影の準備

学校で個人撮影を済ませた翌日は工場内での機械撮影。

スタジオ内の床の上には両方の撮影機材が一杯です。

後、Cスタンドを数本用意すれば準備完了、手前側の個人撮影の機材は所定のところに片付けます。

定常光を補助光として使用する予定です。

そして、準備でもう一つ確認しておきたいテザリング撮影。

カメラとノートパソコンを無線接続してパソコンから操作して撮影します。

現場のセッティングで時間をかけないように必ずノートパソコンと撮影機材が上手くいくかどうか確認しておきます。

今回はマックブックプロとキヤノン5DⅣ。

すべて準備が整ったので何時でも出発できるように機材をまとめ準備完了です。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

よろしくお願いいたします。

0 コメント

早起きと農作業

毎日早く目が醒めるようになりました。

今日も、早起きして裏の畑の水やりと草取り。

毎日水やりしないと野菜は葉っぱの元気が直ぐになくなります。

大きな葉っぱと黄色い花はズッキーニ。

成長が早いです。

大根の種が落ちて一斉に発芽しました。

まだ小さな木ですが桑の実も熟しています。

木の実は集めて桑の実(マルベリー)ジャムを作ります。

写真屋にとっては目に良い食べ物でしょうか、海外物のベリー類が多い中成長が早く丈夫で日本の風土に合ったものは桑が一番と思っています。

この木はツノハシバミ、どんな実がなるか判りませんが・・・未だ実をつけていません。

この木は夏みかん、酸っぱいので個人的には口にしません。

我が家では女性に人気。

柿の実は未だ小さくこれから大きくなって行きますが、もう少し大きくなるとまだまだ青いのにカラスが好んで食べに来ます。

今年は口に入るかどうか?

最後に桃の木、実がゴルフボール位になってきました。

袋掛けを仕事の合間にしていますがペースが遅くなかなか終わりません。

後、10日くらいかかりそうです。

 

1時間ほどの農作業を終えると本業の仕事が始まります。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックしてください。

よろしくお願いい致します。

 

0 コメント

ヒメボタルを撮る

ホタルの撮影もゲンジボタルからヒメボタルへ移ってきました。

先日は月明かりの残る森で撮影。

カメラを向ける場所によって写り方が随分違ってきます。

この時はカメラ3台をセット。

少し長めのレンズを付けたこの写真が一番雰囲気が出ていたようです。

1枚の写真を仕上げるために300枚ほどのシャッター数、2時間以上の撮影時間です。

撮影を終えて現像とスタッキング処理、使えないコマは事前に消去。

画像が大きいと時間がかかります。

いつも期待に反して満足のいくものが出来ません、今回撮影に失敗したと思っていた画が一番うまく出来上がったようです。

しばらくするとまた撮影に出かけたくなってしまいます。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

よろしくお願いいたします。

0 コメント

ホタル撮影用レンズの手入れ

今年になって何度かホタルの撮影に出かけました。

暗闇の中撮影するので機材を置く場所やセッティングでレンズに草木が当たったり土がついたり虫がレンズにぶつかったり、水滴が落ちてきて・・・などなど。

毎回撮影後は簡単に掃除をしますが、今日は特に早く目覚めたので誰にも邪魔されずゆっくり清掃できました。

ついでに、他のレンズも店名シールや蓄光テープなど貼り直しておきました。

夜間の撮影では使用する機材に必ず店名シールを貼っておきます。

先日もポケットに入れていたライトを落とし撮影仲間に迷惑をかけてしまいました。

また、撮影スポットにはレンズキャップやケースなどが落ちていることも有り名前のシールは必ず貼っておかれることをお勧めします。

夜間撮影で困らないようしっかりカメラやレンズに対策しておきました。

合わせて普段の仕事に使用する機材の一部も清掃。

これでまたいつでも出かけられます。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

よろしくお願いいたします。

0 コメント

体育館での集合写真にバックグラウンドライトを使う

体育館で集合写真(部活動のグループ写真)撮影です。

使用したライトはGodox AD200フラッシュヘッド、AD600+ソフトシルバーPLM+ホワイトディフューザー、それにオンカメラで580EX2+ストーフェンの3灯。

上の写真は本番撮影前のライトのバランス調整のショット。

参考までにライトを入れないショットを次に。

最終的には印刷物として使用するので片明かりでライトを入れた写真のほうが立体感、色や濃度の分離もあって好みです。

機材は少々増えますが良い写真にするためには仕方ありませんね。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

よろしくお願いいたします。

0 コメント

ニホンミツバチの異変

飼育している日本ミツバチの巣門前、5匹のミツバチの死骸がありました。

毎日観察していますが、今回は数が多いです。

蜜源に農薬散布されたのが原因と想像します。

時々幼虫の死骸も見つかります。

最近は農薬の殺虫剤にミツバチに良くない成分の商品が増えニホンミツバチを飼育することが難しくなってきました。

今年は春に5群のニホンミツバチを飼育し始め、現在のところまで順調に経過しています。

そろそろ飼育箱の中が熱くなってきたようなので飼育箱を夏用に替えようと計画中です。

上の写真は巣箱内部へ風を送るニホンミツバチの姿です。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

よろしくお願いいたします。

0 コメント

気がつけば電池物ばかり

先日、リモコンを使用しようと取り出してみるとバッテリーの電圧低下で使えない状態。

しかも2個とも同じ状態、乾電池の予備を持っていたので最悪の事態は避けられましたが・・・・そこで店に帰って点検、カメラバッグ内の物を出してみるとどれもこれも電池を使うものばかり。

他にも沢山出てきます。

一体いくつ有るのでしょう!

夜間撮影の道具も電池製品が多く有ります。

この他にもまだまだ沢山・・・・。

管理の仕方を工夫しないとトラブルのもと、皆さんはどうされているのでしょうか?

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

よろしくお願いいたします。

0 コメント

ゲンジボタルを撮る

先日の夜間撮影はゲンジボタル。

真夜中の撮影中に新しい撮影方法を思いつき、実際に実践してみました。

撮影場所によっても雰囲気は全然違ったものになるので全てに応用できる事ではありませんが、上手くいくと楽しいものです。

 

この日は他の撮影場所でマムシと遭遇してしまいました。

同じ場所で2度目です。

撮影場所によるのか山によって多い少ないが有るのか分かりませんが夜間撮影をする方は十分ご注意下さい。

この他にもマダニやイノシシ等の遭遇も頻繁にあります。

写真からは想像できないかも知れませんが、たまに危険やスリルも味わえます。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

よろしくお願いいたします。

0 コメント

銀塩プリンタキャリブレーション作業

銀塩プリンタの母液を交換すると今度はプリンタのキャリブレーションをしなければなりません。

母液の交換は処理液の組成が今まで使用していたものとは違ってくるため発色も少し変わってきます。

今回は約1500パッチを測定、六切に4枚分のボリューム。

銀塩プリンタの設定をいつも迷うので今回は備忘録として載せておきます。

254mm幅のペーパーを使用して六切、縦のチェック。

4枚分のパッチもアイワンプロ2を滑らすようにして測定。

比較的楽に1500パッチの測定が出来ます。

測定が終わるとプロファイルの作成と保存、これで以前の色に近い色が出せるようになります。

こうして銀塩プリンタや大判のインクジェットプリンタのキャリブレーションをしておくと、色の安定と銀塩とインクジェットプリンタで色差が少なくなり銀塩プリンタでテストして大判のインクジェットプリンタで本番といった使用方法も出来るようになります。(全く同じ色には仕上がりませんが・・・個人的には問題なく使えております)

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

よろしくお願いいたします。

0 コメント

ホタル撮影の失敗

先日、友人のお誘いでホタル撮影に行ってきました。

ホタル撮影はいつもキヤノンでしたが、この時からカメラをキヤノンからソニーに変えてみました。

新しいレンズを購入しテスト撮影もしておきたかったのです。

ところがJPEG撮影、カスタムホワイトバランスの設定箇所でつまづきました。

キャンセルボタンを押したつもりが・・・・・どうなったのか!?

確認もしないまま、他のカメラの撮影準備。

セッティングも出来たし、順調に撮影出来ていると思い込んでいたのがもう一つの失敗。

1時間の撮影時間が終わり確認してみると!!

とんでもない色調になっています。

その後の撮影にも尾を引いて・・・・・涙。

撮影終了後、明け方前暗闇の中で再現テスト。

どうやら、カスタムホワイトバランス設定で暗闇の中を撮影しキャンセルしないままサンプリングされたことが原因。(この辺りは撮影済みの画像からとれるキヤノンのほうが使い勝手が良いと感じます)

一応原因や仕組みが解ったので一安心、今後は注意します。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

よろしくお願いいたします。

0 コメント

銀塩プリンタ処理液全量交換

銀塩プリンターは印画紙の現像に処理薬品を使用します。

使う頻度や処理量に応じてプリントの性能を出すためには処理したプリントの量に応じた専用の補充薬品を規定量入れながら使い続けます。

しかし、使い続けるうちに何らかの要因で処理液の性能が発揮できなくなると処理液を交換しなければなりません。

プリンターの処理液をすべて交換する時、最初に作る液は母液と呼ばれ処理量に応じて入れていく液とは少し組成が違うので専用の薬品になります。

マニュアルに従い母液を作っていきます。

同時に処理槽やペーパー搬送部のラックの細部まで汚れや結晶などをきれいに落とします。

すべての処理ラックを水洗いしてきれいにすれば、母液交換作業はもう少しで終了です。

後は水や母液を入れながらラックをセットして出来上がり。

その後、温度調整、条件出しのプリントを出力、測定して範囲内に入れば一応処理可能となります。

綺麗なプリントを作り出すにはこうした作業も大切です。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

よろしくお願いいたします。

0 コメント

岡山県写真家協会撮影会

岡山県写真家協会の撮影会へ参加、撮影練習をしてきました。

毎年1回の撮影会はスタッフと2人で出かけます。

どちらかがカメラを持つともう片方はライトを持ちます。

交代しながらの撮影は本番では出来ない(時間がなくて)撮影が出来、練習にはもってこいの機会です。

本番と違うのは緊張感と時間でしょうか、少し余裕があるので設定を変えながらゆっくり撮影できます。

フォーカスのモードを変えて失敗してしまったり・・・。

3時間ほどの参加時間でしたが、楽しいひと時でした。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

よろしくお願いいたします。

0 コメント

ツバメのタッチアンドゴーは0.3秒

店前のツバメの巣4羽のヒナが親鳥の運んでくる餌を待っています。

通りを挟んだ向かいの家の屋根を越えて音もなく滑空してくるのですが、親鳥がつかづくとヒナたちは急に口を開け黄色いくちばしを前に突き出しピーピー鳴くので直ぐに察しがつきます。

後ろを振り返らずヒナにピンを合わせてシャッターを連写。

生き餌をくわえ巣の壁に着地、ヒナの口に嘴と頭を突っ込んで与えます。

与え終わると振り向き飛ぶ方向を確かめ直ぐにエサ採りに飛び立ちます。

その間約0.3秒、ツバメの後を追いかけながら撮影していてはピントすら合わすことが出来ないかも知れません。

ツバメのタッチアンドゴーは巣立ちが近づくに連れ早くなるように感じます。

飛ぶ虫を捕食するツバメの俊敏さ本当に凄いですね。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

よろしくお願いいたします。

0 コメント

桃畑に防蛾灯を取り付ける

昨日は遅れ遅れになっていた防蛾灯の取り付けをしました。

自作の防蛾灯は年々傷みが激しくなり今回は大修理。

昨晩から点灯、暗い畑が明るくなりました。

ブログ用に撮影、レッドレンザーi9 iron CRIを使用して少しライトペインティング。

演色性が高く色がよく表現出来、お気に入りのライトで一旦使い始めると他のライトは使う気になりません。

幹や下草などもはっきり分かるように光を入れてみました。

ついでに隣の工事現場に置いてあるユンボをライトペインティングの技法で撮影してみました。

たまには練習しないと勘が働かなくなります。

もうすぐホタルの季節、夜間撮影が始まりますから・・・・。

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

よろしくお願いいたします。

0 コメント

PX-H9000 壊れる

大判プリントをしているエプソンPX-H9000(B0判プリンター)の印字ヘッドの目詰まりでクリーニングを何度も行うも一向に改善されす。

結局、一晩明かすも悪くなるばかり・・・・テスト印字BKインクの箇所。

シャドー部分のブラックインクが出る所に筋ムラが出て調子が出ないばかりか、1色抜けたプリントも出力されたり、手のつけようがありません。

結局は修理を依頼。(PX-H9000では印字ヘッド2回目の修理です。)

エプソンの素早い修理、依頼してから2日ほどでヘッドを交換完了。

もちろん請求は恐ろしい金額になりました。

修理が終わると新たにプリンターのキャリブレーションを実施。

キャリブレーションを終えると写真データも新品のようなプリントアウトに戻りました。

今回使用したパッチ数は1463パッチでした。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

よろしくお願いいたします。

2 コメント

個人写真撮影セッティング

撮影日前日は撮影場所に予めセッティングしました。

使用したライトは4灯、一時期3灯で撮影していたのですが従来のライティングに戻しました。

メインライトは64インチソフトシルバーにフロントディフューザーを付けたもの(最近のお気に入りです)

その他はあまり変わっておりません。

ライティングのコントロールは手元のサイバーセンス。

これで4灯を個別に細かくコントロール可能でが、一旦決めてしまえばそんなに細かく個別に調整することはありません。

後は表情を見ながら撮影するだけ、このくらいの出力ですと秒間5コマくらいは平気なので表情を逃すことはほとんどありません。

本当に安くて素晴らしい機材です。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

よろしくお願いいたします。

0 コメント

やっと強風が治まりました

一週間ほど東からの強い風が吹き荒れましたが本日やっと治まりホッとしています。

写真は強風に耐える桃の木です。

強風のため小枝が数箇所折れてしまいました。

いちじくの木も大きな葉っぱが丸まってしまうほど長い時間と強い風、おまけに雨も殆ど降らず畑はいつも以上に乾き、毎日の水やり作業も時間がかかりました。

昨夜は久しぶりの雨、この雨を境に風も止み日中は夏のような空にかわりました。

耕された田植え前の田んぼ、水が入れば一斉に田植え作業時期をむかえます。

店の軒先にあるツバメの巣、ヒナが親鳥の運んでくる餌を待っています。

季節は移り変わります。

仕事の遅れを取り戻さなくては・・・・・。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

よろしくお願いいたします。

0 コメント

液体プラスチック接着剤を使ってみました

知り合いのデザイナーさんから頂きました。

私が修理ばかりしているので・・・・ありがたいことです。

今回はこれを使ってソフトボックスのインナーディフューザーのゴム紐を修理しました。

インナーディフューザーがだらしなく垂れています。

四隅の引張って止めている平ゴムが伸びきってゴムの働きをしていません。

 

そこで最初の写真の様に丸ゴム紐を輪にして止め付けるのにこの接着剤を使用してみました。

 

修正液風に液体プラスチックを接着箇所に塗り後は反対方向に付いている紫外線ランプを照射するだけで4、5秒で硬化、とても簡単です。

丸ゴム紐で作った輪ゴムを伸びきった平ゴムの元に縫い付け平ゴムに巻き付けるようにして取り付けました。

4本すべてを交換すると新品のような状態になりました。

これで、今日の仕事に使えます。

 

液体プラスチック接着剤はとても便利ですね。

デザイナーさん良いものを教えて下さってありがとうございました。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

よろしくお願いいたします。

0 コメント

ひっぱりオヤジ氏を撮る

昨日は「ひっぱりオヤジ」氏を撮影。

ひっぱりオヤジさんは3人のお子さんを自転車のトレーラーで12000キロ走破したいつも笑顔の強者。

この日は注文していたホルモンをご自分で組立てられたミニジープで配達して下さいました。

撮影に使用したのはゴドックスAD360。

夕刻、光の具合が良かったので西から東へ走って頂きながらの撮影しようと準備にもたついていると最高のバックライトの夕日は雲の中、それでも西から東へ走っていただきながら3回トライ、ミニジープは結構スピード出ますね。

瞳AFのおかげかほとんどピントを外さず終了。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

よろしくお願いいたします。

0 コメント

AD200用のハイパワーブラケットを作る その2

前回からの続きです。

組み立てて撮影テストをしてみます。

キヤノン5Dmk3を取り付け、レンズは24-70mm。

天気がピーカンになるまで待ってテスト撮影をしてみます。

テストの想定は30人~50人前後の集合写真、レンズのf値は35mm撮影距離は10m天気は快晴、順光の条件。

上の写真はAD200を2灯フルパワー。

今度は1灯フルパワー。

次は発光なしです。

順光の場合はストロボにパワーが要るので、敢えてこの条件でテストしました。

周辺も気になるところですが、AD200のフラッシュヘッドの特性を活かした撮影方法なので周辺の光量落ちもあまり気になりません。

上3枚はISO100 1/160秒 F9です。

ホットシューに直付けするとやはり重量が有るのでシューを傷めないか気になりますが、ブラケットを使うことで少し安心感があります。

写真のセットで総重量は4.1Kgと少し重いですが手持ちも可能です。(この写真ではラジオトリガーを外しています)

屋外の集合写真はこれでかなりカバーできそうです。

ブラケットが嫌な方はライトスタンドを立てて2灯使用すればカメラも軽くなります。

快晴の屋外はこのセットで試してみてください。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

よろしくお願いいたします。

0 コメント

AD200用のハイパワーブラケットを作る その1

中華製カメラ用のブラケットを仕入れる。(わずか数百円、写真には写っていませんが専用のネジも付属)

L型の金具しか使用しないので付いていたゴムも外しました。

この他にホームセンターで1/4インチのボルトと蝶ナットを購入。

モノタロウからプラスチックのノブを購入。

AD200を取り付ける要領。

ノブ、ボルトの頭部分がはめ込めて簡単便利に使えるスグレモノ。

1/4インチボルトの加工が面倒なのでL型の金具の方を写真のように加工しました。

後は組み立ててテスト撮影です。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックしてください。

0 コメント

銀塩プリンタ 処理ラックのパーツ交換

前日、発注していた交換部品が届いたので直ぐに作業開始。

中身はゴムローラー、銀塩プリンターの処理部の中に使用している部品です。

中身はこれです。

使用していると表面のゴムが柔らかく溶けるような状態で糊状になってしまいます。

プリント表面にこのような汚れが出るようになります。

交換作業はパズルのような組付けで、慣れると比較的簡単ですが・・・・たまにしかやらない者にとっては結構手間がかかります。

糊状になったものが他の部品にも付着しているので結局1時間程の作業になりました。

交換後は汚れも消え、気持ちよく稼働しています。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックしてください。

よろしくお願いいたします。

0 コメント

夜間撮影「パノラマ」

昨日のブログの続きです。

 

夜間撮影の面白さの一つは光です。

僅かな光でも高感度や長時間の設定で強い光に変わり、思わぬ画像が出来上がります。

今回は6枚の画像をフォトショップで繋ぎ合わせています、

レッドレンザーのフラッシュライト(i9R iron CRI)をわずかに使いお気に入りの写真に仕上げる事ができました。

もちろん、こんな風景では遠くには届かないので近くの木々や岩を照明します。

こちらは海岸に降りて撮影したものです。

岩場には牡蠣が付いた跡がびっしりと残り白く出ていて、天の川が東の空から登り始めています。

そして深夜まで意外とよく飛んでいる飛行機、飛び去った跡には飛行機雲が長い時間出現しました。

こちらもお気に入りの写真です。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして応援してください。

よろしくお願いいたします。

0 コメント

夜間撮影「ウバメガシ」

先日は夜間撮影に行ってきました。

真夜中、海岸線の山頂にはウバメガシの林が多く見られ登山道にはこの葉っぱがたくさん落ちていて滑り注意が必要です。

山頂に取り残された様に立つウバメガシ、星空と一緒に切り取ってみました。

月明かりとLEDフラッシュライト(レッドレンザーi9R CRI)を使い軽くライティングしています。

比較的大きな物でも長時間露出と高ISOの関係でライティングが可能です。

 

こうした撮影は写真の基礎を改めて身につけることが出来、とても仕事でも役立ちます。

また、身近な動物や植物などとも出会える事も楽しみの一つです。

 

危険な生き物もいますのでそれなりの準備や注意も必要で、夜間撮影に出かける場合は十分ご注意ください。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックしてください。

よろしくお願い致します。

0 コメント

屋外集合写真のセッティング

今日は岡山市の高松城址で集合写真撮影。

機材一式を軽トラに積んで出かけましたが、その前に少し工作の時間。

作ったものは連結用のパーツ、通常の段板で繋がないときに使用してヒナ段同士を連結します。

今回作ったものはアルミの段板を切って加工する前の試作物、木製の物です

使用した感想は上手く連結できたので良かったものの連結板の幅と穴の位置を5mm~10mm程度プラスしても良いのかな・・・・と思った程度。 

材料はホームセンターに売られている1x4材、厚み合わせにカーペットの切れ端を接着。

カメラ側はこんなセッティング。

ストロボはAB1600(640Ws)にバガボンドミニ、トリガーはポケットウィザード。

機材をすべて載せた軽トラの荷台はまだまだ余裕があります。

機材面では申し分なかったのですが・・・結果は反省多き撮影となりました。

何歳になってもまだまだです。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーのクリックをお願いいたします。

0 コメント

まだまだ現役Pocket Wizard

使い始めて10年以上、今なお現役で動いています。

使用し始めたきっかけはデイビットホビーのストロビストのサイトを見るようになってから。

この後、HSSが可能なTT1、TT5を手に入れましたがキヤノンの580EX2との相性が悪くトラブル続き、この頃から中華製の無線トリガーが出始めましたが性能的に問題がありました。

中華製は今では性能も向上しHSSが当たり前の時代。

でも、このポケットウィザード電池さえあれば確実に動作します。

今回も使用前日の電池チェック。

コマンダーにもレシバーにも使える一台二役のこの機種はベーシックな機能を持った使いやすい製品です。

出番は少なくなりましたが、これからも使い続けるつもりです。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

よろしくお願いいたします。

0 コメント

グループ写真「10年後」

スタジオでグループ写真を撮影させて頂きました。

10年前に同じメンバーでスタジオ撮影、その時と同じ配置で同じ格好でとのご希望・・・・運良く同じ椅子も残っていたので無事撮影終了。

スタジオでの撮影を終えると天気も良かったので気分を変え店前の屋外で歩きながらの撮影。

7人並ぶと壮観です。

丁度、当日は旗日。

中のお一人が今年めでたく〇〇予定、「それでは・・・」ということで最後にジャンプを決めていただきました。

10年前の写真は額装して今もお店に飾っています。

 

また10年後、お会いいたしましょう!

当店のご利用ありがとうございました。

 

 

ブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

よろしくお願いいたします。

0 コメント

吉備津神社で屋外カジュアルフォト

先日はお電話で撮影の予約を頂きました。

吉備津神社でのロケーション撮影をご希望でしたので、いつものようにロケ用の撮影機材を準備して神社へ。

境内の新緑は最高の色合い、背景に使わない手はありません。

綺麗な庭の緑を背景に数カット撮影しました。

もちろん、国宝の本殿を背景に入れたカットも撮影いたしました。

3人の素晴らしい笑顔のお陰でいい写真になりました。

 

当店のご利用いつもありがとうございます。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

0 コメント

令和の日「吉備津神社」

令和の日、早朝の吉備津神社境内

5月1日吉備津神社へ、駐車場はお正月並みの沢山の車、境内では大勢の参拝の方が列を作っていました。

拝殿前と社務所の受付前は長蛇の列。

社務所玄関前には国旗と垂れ幕。

拝殿前には国旗の小旗が置かれ参拝の方々が手に持たれ祝賀の雰囲気がいっぱい。

そして、拝殿の中の張り紙。

皆さん、国旗を掲げてお祝いされました?

ご家庭たお店でも旗日には国旗を掲げてお祝い致しましょう、清々しい気持ちになれると思います。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

よろしくお願いいたします。

0 コメント

ニホンミツバチの飼育

縁あってニホンミツバチが我が家にやってきました。

以前10年以上前まで10数年に渡り飼育していたのですが、農薬の関係か沢山あった巣箱が全滅。

それ以来、新しい群れが手に入らず寂しい思いをしてきました。

巣箱を設置してから約1週間、巣箱に花粉を付けて入っていく蜂の姿が観察できるようになりました。

巣箱の中の状態が想像できます。

空き時間をみつけて継ぎ足し用の巣箱をつくります。

材料は10数年前に仕入れていた杉板。

1つの巣箱に3個から4個を使用するので沢山作っています。

完成です。

機会を見て今の巣箱に継ぎ足します。

秋には美味しいはちみつが採れるかも・・・・・。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

0 コメント

幼稚園遠足の場所

先日、幼稚園遠足の撮影に行ってきました。

場所は岡山市北区足守、近水園(おみずえん)のすぐそばにある陣屋跡。

新緑の木々が素晴らしい場所でした。

幼稚園児が遊ぶ遊具などは一切ありませんが、適度に広い公園は周りの山の木々と一体になって素晴らしい色合いです。

子どもたちは芝生の上を走り回ったり、草花を摘んで遊んだり岩の上に登ったり思い思いに遊びを見つけて楽しんでいるようです。

お天気は途中雨もパラパラと降りましたが遠足に支障のない程度。

撮影しながら半日ゆっくりと新緑を満喫できました。

岡山にも本当に素晴らしい公園がありますね。

また一つ、足守地区もお気に入りの場所になりました。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして応援して下さい。

0 コメント

夜の撮影「妙見桜」

2週間ほど前、夜間撮影に県北へ出かけました。

目的地へ行く途中、くたびれた看板に「←妙見桜500m」の看板を発見。

しかし、車で入れるのはほんの入口付近まで。

友人と「あっちだ」「こっちだ」とやっていると地元の古老が外に出てきて親切に教えてくれました。

そして、「夜行くのはやめときなさい」と何度も何度も繰り返しいわれました。

でも、夜の桜を撮影に来たのですから・・・。

 

夜の細い山道を登ること400m、アドバイスどおり神社に到着、さらに道なき道を100mほど進むと見えてきました。

月夜で桜の木の周りは開けて少し明るいのですが、それ以外は鬱蒼とした林でヘッドランプがなければ前に進めません。

 

枝ぶりの立派な桜の木は周りを杉林に囲まれ堂々としています。

ただ、手入れが出来ているとは言えない状況で道中倒木や棘のある植物が足に絡まったり・・・・。

 

足場は悪く撮影は広角レンズでも入り切らず結局2枚をパノラマ合成。

撮影にはレッドレンザーi9 iron CRIの高演色(Ra92)タイプのLEDフラッシュライトを使用。

撮影位置の関係で月もフレームに入り込んでしまいました。

 

撮影を終え、帰り道は少し整備された道が・・・・、結局、神社から妙見桜までの道を間違えていたようで、帰りは比較的楽に下山できました。

 

 

お手数でも記事下のバナーをクリックして下さい。

よろしくお願いいたします。

0 コメント

遠足の集合写真用にAD200を準備

遠足の季節、今回集合写真用にコンパクトなストロボAD200を使用します。

今回のセッティングは軽量身軽という考えなのでライトスタンドや三脚は使用しません。

真夜中スタジオで事前のテストを開始すると気になる問題点が・・・オンカメラで使用するとストロボの光の芯が集合写真で少々下向きになるのです。

付属のマウントホルダーでは細かい調整が出来ない構造で、少し改造することにしました。

決められた角度で止まるようになった溝を少し削りとります。

相手方の方も同じように。

薄いアルミ板(飲料用のアルミ缶やスチール缶など)で削り取った厚み分のスペーサーを作り間に挟み込みます。

最後に組み立てて完成。

今回は締め付けネジに小さなワッシャの下に少し大きめの平ワッシャを一枚入れました。(溝が無い分締め付けが強くなるので一部分に力がかかるのを分散する目的です)

ほんの僅か上向きに設定できるようになりました。

これで状況に合わせてストレス無しに向きを変えることが出来ます。

欠点はファインダーを覗くときにストロボ背部がおでこと少し干渉しましたが最初の写真のような構え方でクリアーしています。

また、改造は自己責任でお願いいたします。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

0 コメント

ライトスタンドが増えたのでフックを作る

ライトスタンドが増えたのでスタンド用にフックを作りました。

ステンレスの針金2mm~2.6mm径を使います。

写真のように曲げれば完成です。

ステンレスは硬いので曲げ加工が大変で、怪我のないようにご注意下さい。

写真のようにライトスタンドの締付け部などに回して使います。

取り付け位置が簡単に変更できるのでとても便利です。

別のライトスタンドになりますが今まで使用しているものです。

取り外しも簡単、製作コストも安く便利なので今ではほとんどのライトスタンドに取り付け使用しています。

0 コメント

1週間ぶりブログの再開

ブログを1週間休みました。

今日から再開します。

この1週間身の回りにいろいろなことがありました。

その間、結婚式へ招かれ東京へ・・・・皇居の周りを歩き回り靖国神社にも立ち寄りました。

変わってしまった東京駅周辺や靖国神社の広い境内をゆっくり歩き周り今の東京をほんの少しだけ体験。

東京へ着くまでの新幹線の中、時速300kmで走る窓から・・・・近くの物ほど斜めに写っています。

面白い効果ですね。

携帯電話のナビを表示すると・・・・・。

現在地の矢印が左右に首を振りながらすごい速さで線路の上を移動してゆきます。

窓から見える風景と地図がよく合っていて建物や場所の関係もよく分かり、乗車して初めての経験。

また、家ではニホンミツバチを飼い始めました。

10数年前まで飼っていたのですが、農薬の関係か全滅してしまいました。

ネオニコチノイドを含んだ農薬が使われるようになってダメになったようです。

日本では今だにこの薬剤は使用禁止になっておらず、その対応策は困難です。

日本蜜蜂をみていると心が癒されます。

また飼えるようになって楽しみが増えました。

1週間の間他にもいろいろな出来事がありました。

 

ブログを再開、これからも皆様応援してください。

記事下のバナークリックもお忘れなく!

0 コメント

お詫びと記事の訂正です。

昨日「α9で画像がグニャリ」という記事を書きましたが、カメラ機種名がα6400の間違いでした。

 

この記事を御覧頂いた多くの皆様に間違った情報を発信してしまったこと、コメントを頂いた皆様、ソニー株式会社様に対し心よりお詫び申し上げます。

 

昨日の記事は削除させていただきます。

また、間違った記事を出してしまいましたので個人的なお詫びとしてブログ記事並びにフェースブックを1週間停止致させていただきます。

0 コメント

入園記念集合写真の準備

入園記念集合写真撮影前日、明日は2箇所同時に撮影なので機材の準備は2セットで用意していると・・・・いつも使用している反射傘が2本見当たりません。

考えてみると前日撮影現場にセッティングして置いてきたまま、仕方がないので代用になるものは・・・目に止まったのはABR800にムーンユニットを付けたもの、これなら同じものが2灯あるのでなんとか使えます。

気になるのは配光特性。

今まで何度もやってきましたがすぐに忘れるので今回もう1度比較しながらテストしてみました。

期待通りなかなか優秀です。

スタジオには撮影に備えて2つの現場用の準備が出来ました。

こちらはABR800用のセット。

もう一方は今まで使用してきた実績のある反射傘タイプのセット

各現場用のセットは準備ができた段階でスタジオで一度組み立ててテスト撮影をしてから直ぐに運び出せるようにしておきます。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

0 コメント

集合背景にGodox AD200をテスト

新学期になったので集合写真撮影があります。

屋外での撮影ではほとんど使用しないのですが、屋内の撮影には背景が暗くなる(人物から背景まで距離がある)場合などに使用します。

いつもはクリップオンストロボを使用していますが、今回は好奇心からAD200を使ってみることにしました。

本番で現場に持ち込みすぐに使うわけにはいかないのでテストをして特性をつかみます。

スタジオのグレーの壁を集合写真の背景に見立てAD200を発光します。

AD200にはヘッドが2種類あるので両方のテスト、チューブヘッドは今回はパス、フラッシュヘッドの光が気に入らないので一工夫します。

はっきりしたエッジ部分を消すためにディフーザーを入れます。

まずはトレペ、結果は拡散しすぎるようなのでもう少し拡散度合いの少ないもの・・・レンズクリーニングペーパーを使用、まだ思っているのと少し違いがありますが・・・・今回はこれを使用します。

そしてゴボ、背景用なので人物に光がもれないようにヘッド部分に付けて使います。

アルミの薄板で自作。

太めの輪ゴムで取り付ければ完了。

後は撮影の機材準備に取り掛かります。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

0 コメント

備中国分寺は春爛漫

仕事で西へ東へと車で走っていると途中五重塔のあるのどかな風景に出会います。

時間の関係もあり横目で見ながら通り過ぎることがほとんどですが、たまに時間があるとほんの少しだけ寄り道して撮影します。

手前から菜の花、桃の花、一番奥が桜で備中国分寺は春爛漫の景色です。

手前のビニール屋根はぶどうの栽培用でしょうか、作業している人もいらっしゃいます。

山の緑も芽吹いて燃えるような黄緑色、仕事の途中で見えるのは春爛漫の贅沢な景色です。

新学期ということもあって毎日毎日多忙な日々、たまにはカメラを置いておにぎりでも持って野山でゆっくりしたいと夢見る今日この頃です。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

よろしくお願いいたします。

0 コメント

高演色LEDフラッシュライト

新しいレッドレンザーのLEDフラッシュライト高演色タイプはRa92写真用の光源としても使用できます。

機種はi9R iron CRI、少々ややこしいのですがi9R ironの中には高演色でないタイプも存在しているので購入にあたっては注意が必要です。

比較のために3本のフラッシュライトを比較してみました。

左から

SUNSPOT 超強力USB充電式ミニ懐中電灯 LEDライト ズーム式5モード調光可能 950ルーメン USBケーブル&18650リチウム電池付属というもの。

 中央

レッドレンザー i9R iron

レッドレンザー i9R iron CRI

左端のものの測定値、標準的なLEDフラッシュライトより演色性は少し高いです。

ただし色温度はかなり高め。

こちらはレッドレンザーi9R iron (高演色性でないタイプ)

明るさは左のものよりかなり明るいです。

壁に照射している距離で明るさの違いがわかると思います。

一番右のものがレッドレンザーi9R iron CRIで演色性の高いものです。(一番最初の画像です)

色温度も4000Kあたりなので夜景の撮影には丁度良いと思います。

もちろん、写真撮影やビデオ用の光源としても使用可能なので、これから活躍すると思います。

色温度の高いLEDと実際に使い比較して見ますと、夜照らし出したところが実際の色にびっくりするくらい近く見えます。(夜は今まで色をそんなに気にしていなかったのかとても不思議な感覚です。)

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーのクリックをお願いいたします。

0 コメント

雪の残る夜の大山へ

友人と夜の大山を撮影に行ってきました。

夜の大山は雪が街明かりを反射するのかほんの少し明るく感じました。

数時間の撮影は順調でしたが、途中から突風が吹き荒れ山の怖さも少しだけ経験できました。

三脚に載せたカメラも手で抑えなければ倒れていたかも知れません。

素晴らしい景色も夜半までその後は少し雲も出て撮影終了。

ただ、撮影場所に到着するまで機材を担いで歩くのは万年運動不足の自分にとってかなりの重労働。

今回も友人の足を引っ張ってしまったようです。

写真は足元が暗くヘッドライトを付けて先を行をゆく友人2人です。(この時、私にはきつくて少し休み大きく遅れてしまったのでこの写真が撮影できました。)

その後2日間ほど筋肉痛で辛かったのですが、また出かけたくなるのは困ったものです。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーのクリックを忘れずにお願いいたします。

0 コメント

入園の記念撮影

先日は入園の記念撮影で当店をご利用頂きました。

スタジオで撮影を済ませ店の裏にある桃畑の桃の花が満開なのでよろしければ撮影させていただけますか?

と尋ねてみると、快く受けて頂きました。

スタジオの椅子とストロボ(ABR800+ムーンユニット)を畑に運び太陽光と桃の木の具合を見ながら椅子をセット、ライトはそれに合わせて調整。

お父さんには桃の枝を持って頂きました。

 

スタジオと違い季節感のあるお気に入りの1枚になりました。(桜もいいですが岡山と言ったら桃でしょう!)

 

当店のご利用ありがとうございました。

 

 

ブログ記事を御覧頂いた方はお手数でも記事下のバナーをクリックして下さい。

よろしくお願いいたします。

0 コメント

水害アンブレラの点検修理

春風用の小型のアンブレラを探していると、昨年の水害の時水をかぶり乾燥させ保存していたアンブレラがまとめて出てきました。

一本一本開いていくと、その中に茶色に錆びているものや白く錆びているもの茶色い斑点が付いたもの等が出てきました。

放っておくわけにもいかず、ちょうど天気も良かったので手入れしました。

一本づつに思い出が・・・・使い始めの失敗やライティング、撮影のことなど。

 

サビを落とし再塗装し、乾燥させて手入れ終了。

探していた小さなアンブレラも出てきて、ついでに手入れもできたので良しとしましょう。

 

 

お手数でも記事下のバナーをクリックしてください。

0 コメント

ライティングレッスン241 友人のヘッドショットを撮る

先日仕事の打ち合わせに来店された友人のトレバー氏を撮影。

今度、彼が仕事でヘッドショット撮影するので打ち合わせをしながら彼のヘッドショットを撮影してみました。

それではBTS画像です。

短い打ち合わせ時間なので空いたスペースにライトを組み立て短時間で撮影。

赤丸の箇所がストロボ、写真のように2灯使用。(今回も詳しいデータは省略)

バックライトのモディファイヤーの位置とカメラの構え方に少し注文が入りましたが、一応このライティングを採用。

現場で突然変更があるかも知れませんが、撮影日までに2、3パターン対応できるように準備しておきます。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

0 コメント

春が来た

裏の畑の桃の木、ピンクの花が満開になりました。

今年は自分で剪定して花が付き過ぎの状態、眺めるには良いのですがこれからどうなるか・・・少し気になります。

古い木の弱ったところを伐採して小さく残してみました。

そして新たに2本の苗木を植え1、2年後には古い木を伐採します。

こちらは、田んぼに有った桑の木、昨年移植。

他にも柿、みかん、アーモンド、キウイ、いちじくなど、狭い畑に色々と・・・。

これから新芽が伸びて緑いっぱいの畑に変わります。

周りの山々の木々も新芽が伸び始めています。

さて、気分転換はこのくらいにして仕事に戻ります。

 

 

ご面倒でも記事下のバナーをクリックして下さい。

0 コメント

Godox AD200を集合写真用に取り付けテスト

昨日、集合写真撮影出発前に突然思いついたのが写真のもの。

Godox AD200を集合写真用に使えるようにカメラに固定するためのストロボ用のマウントです。

これを思いついたのは撮影出発10分前、ガラクタをひっくり返してなんとか形にして撮影現場へ持ち込みました。

本番撮影のカメラは別にセットしていますので、あくまでテスト用の予備機という扱い。

AD200の本体重量は887g、直接ホットシューにつけるには少々不安があるのです。

手持ちでも撮影できるし三脚にセッティングもクイックシュープレートなので簡単、もちろん1/4インチネジの穴もあるのでそちらのタイプも大丈夫です。

カメラのコマンダーを外して角度を変えて写しています。

10分間のDIY工作なのでとても不完全ですが、結構使えます。

これを元にもう少しまともなマウントに作り変える予定です。

完成したらブログ記事に載せるつもり、お楽しみに!

 

 

記事下のバナーをクリックして下さい。

よろしくお願いいたします。

0 コメント

新学期 軽トラにヒナ段を積んで西へ東へ

新学期が始まりました。

今日は軽トラにヒナ段を積んで西へ東へ集合写真撮影でした。

カメラとライト類、予備も含めて前日にはテストも終え出番待ち。

セッティングして待つ間建物の影が徐々にヒナ段に迫ってきます。

4段のヒナ段はかなりの重量があるので移動も大変です。

撮影を終え、次の場所へ移動。

到着すると馬が!

突然軽トラの前に現れてびっくりしました。

こちらも、人数は少ないもののほぼ同じようなセッティングですが撮影時は道路上に持ち出して撮影になります。

ヒナ段の上げ下ろしとセッティング、そんなに動いてないようですが明日の朝は身体中が痛いのではないかと思います。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックしてください。

0 コメント

ウェディングのロケーション撮影

先日のウェディング撮影は屋外や室内、機材もそれ用の物を数種類持ち込みました。

屋外は写真のようにABR800にムーンユニット、フルで320Wsの出力しかありませんが光のロスが少ない素材と浅い放物面リフレクタの組み合わせでワンランク上のパワーを発揮します。

この日もこの場所は風が強くムーンユニットが風で煽られましたが周りの方々の協力でなんとか撮影できました。

ロケ地の桜はまだ咲いていませんでしたがお天気を味方につけ屋外の撮影を終えることが出来ました。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

0 コメント

今日のスタジオライトとロケ機材

今までスタジオライティングの目標としてきたスラントの光、自分の目指していた光に少し近づくことが出来ました。

今までたくさんのモディファイヤーを自作したり買い込んで試行錯誤を繰り返してきました。

それでもなかなか古風なスラントの光の再現は見いだせなかったのですが・・・・寝ても覚めても昔見た1枚の写真が頭から離れず・・・・ある時、たくさんある手持ち機材を夢に出てきた方法でテストしたらスラントに近い光が生まれて来たのです。

思いついてから1年、今まで少しづつテストを繰り返し長所短所を確認しながら実際の撮影でも使用してきました。

まだまだ今も工夫の余地もあり道半ばです。

こちらは愛用中のロケ機材。

大きなカメラバッグを使わず簡単なショルダーバッグにカメラ機材を詰め込んで軽量重視。

全てこれでまかなえるというわけではありませんが、機動力とパワーのバランスがとても良く出番が一番多い組み合わせです。

この他、パワー重視、撮影環境による変更もありますが、その時は状況に合わせて機材の選定をしています。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

よろしくお願いいたします。

0 コメント

ライティングレッスン240 ヘッドショット撮影練習の続き

ライティングレッスン240はライティングレッスン239の続編です。

前回は2灯で撮影しましたが、今回は夕日を利用してストロボは1灯(OneLight)です。

朝夕の太陽が比較的低い位置にあるときは光がとても綺麗で利用しやすい光になります。

西陽は背景の道路面や車のボディーに反射して、より興味深い光に変化します。

そしてBTSです。

足の影で太陽の高さを想像して下さい。

もう細かい出力やカメラの設定値は省略します。

掲載した画像から読み取って頂き、追体験したい方はBTS画像を参考にご自分の機材でチャレンジしてみて下さい。(最初の写真は肌の修整と露出調整以外は殆ど動かしていませんし、今までのライティングレッスンもそうした考えで掲載するようにしています。)

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーのクリックを忘れずに押して下さい。

皆様のクリックが私のエネルギーの元になります。

0 コメント

遠方より友来る

昨日は遠方から友人のハルさんがやってきた。

ハルさんこと島内治彦さんは兵庫県姫路市のフォトグラファーです。

地方在住の私にとってネットで知り合えた同業の頼もしい存在です。

ハルさんの家にも田んぼが有るようで、私の仕事や趣味にも共通点があるのかも知れません。

咲き始めた桃の木の前で・・・・畑の話。

仕事の話も伺い短い時間でしたが楽しいひと時でした。

こうしてネットを通して知り合いになり、機会を見つけて立ち寄って下さいました。

素晴らしい時代です。

ハルさん、ありがとうございました。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

0 コメント

軽トラで集合写真撮影に行く

卒業記念の集合写真撮影、機材を軽トラに積んで出発。

ヒナ段は4段を5基、予め組み立てて積み込みます。

4段1基の重量はかなりの重さになりますが、4段目までを組み付けるとしっかりと安定した骨組みになります。

全部の荷物を積み込んでロープ掛けして荷台に固定。

卒業式も終わった頃撮影場所に到着。

平でない所に合わせてヒナ段を設置。

手前の植え込みや右の桜のなどの位置も考えベストなポジションを選んでいますが年々手前の草木が大きくなって足元を隠す事に・・・。

今回使用したのはミニカムフォリノ、最近バッテリーを交換したので快調です。

撮影後画像を確認し撤収、4段のまま積み込んで店で4段目を外して保管します。

天気さえ良ければ今回のような大きな荷物は軽トラが便利です。

 

 

お手数でも記事下のバナーを応援クリックして下さい。

0 コメント

ライティングレッスン239 ヘッドショットの練習

久しぶり、ライティングレッスンの記事です。

今も時々、細々と続けておりますが・・・記事に出来るような内容のものがなかなか出来ません。

書きかけて没にしたり、撮影した後時間が経ち目的すら思い出せなかったりと未掲載の比率が上がっています。

そうした中で今回のヘッドショットも途中で没になりかかったものを勇気を出して掲載することにしました。

屋外でのヘッドショット撮影は現在ほとんど需要がありません、それでもこうした写真はこれから必ず需要があると思い日々トレーニングを積んでいます。

出来れば、メイクアップから載せるのが良いのでしょうが、時間の空いた時のトレーニングなのでその辺りが弱いところです。

撮影は最終的なレタッチも考えて撮影しなければならないので、レタッチにどのくらいの時間をかけるかということも1つのポイントです。

それではBTSです。

ライトはゴドックスAD360を2灯使用しました。

出力はマニュアル、HSSの設定でした。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーのクリックを忘れずお願い致します。

0 コメント

ソフトボックスの改善

このソフトボックスを使用されている方「アレレ?!」と思われるかも知れません。

国内では見慣れぬロゴが印刷されています。

でも、中身は殆ど一緒だと思うのですが・・・・作りの割には結構高価な製品ですね。

私は、この製品(38インチ、90cm)の他に60cmと50cmの3種類持っていますが、50cmのタイプは少し造りが違って今回は取り上げませんが、60cmのタイプと90cmのタイプは骨部分の径が同じで直径90cmのタイプは前面のディフューザーの張りが弱くシワが伸びません。

気にしなければ問題ないのでしょうが毎回取り出す度に気になっていました。

そこで張りを強くするための材料としてカーボンファイバーとピアノ線を思いつき価格や重量など考慮してピアノ線にしてみました。

使用する長さ500mm、径1.6mm1本の重さ約8グラム。

このピアノ線をソフトボックスのロッド(ワンズ)に沿わして挿入します。

合計12本、重量は約100g増えます。

ピアノ線を入れる前のディフューザーの張り具合、わかりにくいのでブロアーを乗せてみました。

かなり改善しました。

軽いカーボンを使うともっと良くなるような気がしますがお値段が気になります。

これで、シワの出方がかなり改善しましたしドーム部分の張りもしっかりしてきました。

後は出番を待つだけ。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

0 コメント

桃の木の消毒(2回目)

先日、桃の木を見ると花の蕾がかなり膨らんで数日のうちに開花するのではないかという状況でした。

桃の木の師匠から蕾の先にピンクが見えたら薬剤を散布しなさいといわれていたのに・・・・時期が少し遅れてしまいました。

夕刻、日没近くになっていたのですが急いで消毒作業をしました。

それまでに直ぐ作業が出来るように準備していたので素早く作業済ますことができました。

今年になって消毒作業は2度目。

下の写真は1回目の薬剤散布、3月初荀の頃。

まだまだ、蕾は硬いです。

薬材を幹や枝にたっぷり撒布しました。

 

これから2、3日で花が咲きはじめるのではないかと想像しています。

順調にいけば今年の収穫は7月下旬から8月初旬まででしょうか?

楽しみです。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックをして下さい。

0 コメント

建物の持つ雰囲気の中で

倉敷市立美術館での写真展、なかなかいい雰囲気の建物だったので椅子にかけて話をしながら少し休憩したりいつものトレーニング癖で少し写真を撮ったり・・・。

広い吹き抜けの空間、入り口ドア付近や2階部分の窓から光が差し込んだり反対側からの自然光や照明器具からの人工光。

写真はミックス光ですが少し手を入れて補正してみました。

二階へ上がる踊り場で。

写真展会場全体の照明をキーライトに見立て左のドア外の自然光をフィルインライトのように考えて。

周りの建物を見て光の方向性を考えながら綺麗な光になる場所に立ってもらい撮影。

トータルで20分ほどの練習時間。

こんな環境で毎日トレーニング出来れば楽しいのでしょうが・・・・遅れ遅れになっている仕事が頭から離れません。

これで終了。

 

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

0 コメント

写真展にいってきました

昨日は倉敷市立美術館で開かれている写真展にいってきました。

当店でプリントした写真も展示されているので実際の展示場所での展示状況も確認いたしました。

美術館ということもあって照明も綺麗です。

そして、ゆったりとした空間とても良い時間でした。

この写真展は3月24日までです。

見終わってから倉敷美術館の中の自然光が綺麗なところで少しだけテスト撮影して店に戻りました。

この建物は1960年、丹下健三氏の設計だそうです。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

よろしくお願いいたします。

0 コメント

墓参り

昨日はお墓参り。

庭にあった花を摘んで歩いて出発。

道中、道端の小さな祠や看板に足を止めながら山の中腹にある墓地まで15分程の距離。

墓地から見るふるさとの姿、赤い電車の走る「吉備線」は最近になって「桃太郎線」と呼ばれたりしていますがその呼び名は違和感があり未だに好きになりません。

 

住宅が多くなり田んぼの面積が少なくなって、ついに昨年の夏は洪水となりました。

住宅が増えたのに治水が追いつかない状態になったのか・・・・はっきりした原因は発表されませんが「想定外」という言葉で片付けられてしまったように思います。

あれから8ヶ月、今までと変わらないように時間は過ぎていきます。

お墓に参り、花をあげ手を合わせると何だか心が楽になりました。

行き帰りの道中、数人の知り合いの方との出会いがあったからかも知れませんが・・・・。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

よろしくお願いいたします。

0 コメント

ピーカンの木を切る

ちびっこ広場に木陰を作るのに植えていたピーカンの木。

広場が無くなるのに合わせて木陰を作っていた枝を切り払わなければならなくなり、今回の作業となりました。

15、6年前に植えたピーカンの木は今では幹の太さが約50センチ、樹高も15mほどに成長しています。

畑の方に伸びた枝を残して他の枝はすべて切り払うつもりです。

邪魔になる下の方の枝を先に切り落としておきます。

木を切り倒す方向を見定めながら慎重にチェンソーで切り込んでいくとメリメリッという音とともに予定通りの方向に倒れました。

切り倒すまでは少し不安もありましたが首尾よく作業が進みホッとしました。

後は切り倒した木の枝を短めに切り落として片付ければ終了です。

2時間ほどの作業を無事終了。

切り倒したピーカンの木は燻煙材として使えます。

興味の有る方は取りに来て下さいね。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

0 コメント

ご卒業おめでとうございます

今日は卒業のスタジオ記念撮影でした。

撮影セッティングのご希望を伺うと御本人から6年前当店で撮影されたスナップ写真帳を開き1枚の写真を指さされ「これと同じように」とご注文を頂きました。

既に、この当時のライトはスタジオから姿を消していて全く同じには撮影できません。

ご指定頂いた撮影は一番後回しにして最初は引き落としの背景で一通りの撮影を済ませ、最後にご希望(上の写真)の写真を撮影しました。

機材も良くなり6年前とは一味違ったライティングになりましたが、モデルさんのご希望なので当時のライティングも加味した雰囲気の写真になるよう頑張ってみました。

 

ライティングレッスンをやり始め、小学校卒業の方から初めてライティング指定を頂き私にとっても嬉しい撮影になりました。

本日は当店のご利用ありがとうございました。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

よろしくお願いいたします。

0 コメント

なるほど「啓蟄」

一週間ほど前ツバメが飛んでいるのを見つけました。

そして、今日は虫柱。

夕刻、ユスリカが薄日の中で小さな虫柱を作って飛んでいるのを見つけました。

調べてみると今まさに「啓蟄」の時節、昔の人は良く自然観察していたものだ!

 

撮影の練習も兼ね10分ほど撮影してみました。

相手は小さく常に飛び回るのでピント合わせがなかなか思うように出来ません。

それでも、連射でシャッターを切ると確率は低いですがピントの合ったものが撮れます。

弱い太陽の光のためコントラスが上がらず丁度いい感じになりました。

今年はツバメとミツバチ以外の飛びものに挑戦してみます。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

よろしくお願いいたします。

0 コメント

ちびっこ広場「絵の祭典」

近所の人からちびっ子広場に絵がかいてありますよと教えられドローンで撮影してみることにしました。

作者不詳のこの絵は一体どこの子が描いたものでしょうか?

このちびっこ広場とのお別れが近づいているので記念に描かれたものなのか判りませんがブログに載せておくことにします。

数年後にはどんなふうに変わっているでしょうか?

このちびっこ広場は消滅、新しい家がその跡地に建つとのこと。

これから先、私の暮らした地域はどのように変わっていくのか想像できませんが、これからも大勢の人が暮らしていける土地であってほしいと願っています。

 

 

出来ればブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

0 コメント

カラーレーザープリンター壊れる

店のカラーレーザープリンターが故障しました。

カラーコピーやA3ノビサイズまでのプリントアウトをしていたのですが、用紙の厚さを指定し忘れ厚紙がトラブル、引き続き普通紙が定着ユニットのローラーに巻き付き完全にストップ。

その後、中を開けてローラーに巻き付いた用紙を除去したのですが・・・・。

その後、コピーやプリントアウトで上の写真のようなスジや画像が少し流れたようなってしまいます。

ネットで症例を探すと定着ユニット、感光体ユニットに問題が有るようです。

そこで販売店に連絡すると、消耗品は有るが修理部品はすでに無いとの話。

新しい機種を見積もってもらう事にして修理方法も同時に検討。

ネットで修理部品を探し定着ユニットを交換、少し改善は見られたものの仕事には使えるレベルではありません。

そしてもう一つの感光体ユニットは消耗品なので販売店に発注。

結局、両方のパーツを入れ替えて完全復帰。

今回のトラブルでいろいろ調べると最近インクジェットプリンターが増えレーザープリンターの選択肢が減っているので大事に使わなければと感じました。

それにしても製造中止も早いですが、そこからの時間が経つのが早いこと・・・・機器はかなり丈夫な造りなのでもう少し長く使用できるようにメンテナンスの対応なんとかならないのでしょうか。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

1 コメント

ローアングル撮影(アーモンドの発芽)

畑の片付けをしているとアーモンドの木の下に昨年秋に落ちた実から芽が出ていました。

ブログに載せるのに撮影しようと普通に斜め上から撮影しましたが、少しごちゃごちゃとした感じに写り面白くありません。

そこで時間をかけず一工夫。

アルミ蒸着したミラーの中古品が手元に有ったのでそれを利用します。

用意したのは2.5mmのアルミ線と100mm角のミラー。

mtテープでミラーに針金を貼り付けて写真のような形にします。

アルミ線を写真のように曲げて簡単ですがこれでひとまず完成です。

今回使用するカメラはα6400、レンズは18-135mm、アルミ線を左手の上に乗せその上にレンズを握りミラーまでの距離と角度を調整しながら撮影します。

慣れるまで少し練習すれば比較的簡単に超ローアングル撮影が可能になりました。

ただ、必要なら最後に画像の左右を反転させてミラーでの逆像を正像に戻して下さい。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

0 コメント

卒業の記念写真

昨日は卒業記念の写真撮影。

最後に少しだけ自然光で撮影させていただきました。

当店のご利用ありがとうございました。

 

光は自然光1灯、1灯?というと違和感を感じられるのではないかと思いますが、1窓、2窓と言い換えた方がいいのかもしれません。

とにかく自然光撮影でも建物の状況などによっては2灯、3灯と人工光同様な場面も考えられます。

また、人工光を加えることによって格段にバリエーションが広がります。

 

こうして撮影した写真を眺めていると頭の中にはいっぱいライティングのアイデアが浮かんで来ます。

ただ、撮影本番中にそうしたアイデアが直ぐに引っ張り出せないのは練習不足や経験不足が起因しているのでしょうね。

やはり毎日撮影トレーニングを続けなければ・・・・・。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

0 コメント

センサークリーニング液とハンドラップ

先日センサークリーニング用のハンドラップを新調しました。

ジャム用の瓶? 一緒にクリーニング液も注文するとカラフルで小ぶりなビー玉も付いていて少しだけ昔の遊びを思い出しながらクリーニング液をハンドラップに移しました。

今回入手したクリーニング液はオリンパスのハイパークリーンEE-6310というもの。

センサークリーニングを調べてみると結構ユーザーが多く評判も良さそうなので使用してみることにしました。

こちらは今まで使用していたハンドラップ、これにもビー玉を入れてみました。

中身は無水アルコールとエチルエーテル1:1の混合液。

まだ実際に比較していないのですが機会を見て使用比較してみたいと思っています。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

よろしくお願いいたします。

0 コメント

蘇ったミニカムストロボ(フォリノ)

2008年10月今から11年前、父が使っていたいつ買ったか分からないくらい古いミニカムストロボ(フォリノ)のバッテリーが寿命を迎えていたのでバッテリー交換をお願いしました。

その頃丁度ミニカムという会社からミニテクノという会社に業務が移行していたのですが、親切に対応して頂きホッとして本体を送ったのを覚えています。

ニッカド電池からニッケル水素電池への改造の選択肢もあったのですが、費用がかかりすぎるのでニッカド電池への交換を希望して対応していただきました。

それから11年、今回はもうニッカド電池への交換は出来ないのでニッケル水素電池への交換をお願いしました。

それに伴い充電器の改造も必要になるので、フォリノ本体と充電器の2つをミニテクノへ送りました。

5日ほどで改造を終えて戻ってきたフォリノを充電、発光部を取り付けてテスト発光すると今までとは別物でリサイクルタイムが半分ほどの時間になっています。

 

最近サポート打ち切りが早く感じる製品が多い中、なんと長く使える製品なのでしょうか!

驚きのサポート体制、新製品もあるなか過去の製品をこれだけ長く面倒見てもらえる素晴らしい会社と製品です。

前にも書きましたがあらためて、ミニカム万歳!!

 

 

お手数ですブログ記事下のバナーをクリックしてください。

2 コメント

額装のやり方(悪い例)

今から20年以上前に額装された写真の修復で背面のボードを外した所、写真とガラスが部分的に張り付いています。

額から取り出しテーブルの上に乗せ眺めてみると・・・・写真の外周をマットにテープ止めされていました。

問題のあるやり方です。

長い時間の経過でマットボードや写真が何度も伸び縮を繰り返しやがて写真は全面のガラスに触れ貼り付いてしまい写真のような結果になります。

ガラス面から見ると貼り付いた箇所は色が少し濃く見えています。

こうなってしまうとガラスからまともに引き剥がす事は出来ません。

今回はこの写真をもう使用しないのでカッターナイの刃で強制的にガラス面から剥がしながら作業を進めます。

写真をとり除くとガラスには写真表面が剥離して残っています。

このガラスはお湯を使って貼り付き残っていた写真をキレイにします。

 

写真の額装方法が悪いと長い時間経過する中で色々な問題が出てきます。

皆様の家庭に飾られている写真は大丈夫でしょうか?

もし問題が見つかりましたらなるべく早めに処置してください。

 

今回の額装写真はカラー写真の退色復元と写真の裏打ちを施し、適正な額装方法で納品いたしました。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

0 コメント

暗闇の中で撮影

真っ暗闇の中、ヘッドランプ1つで照明して撮影してみました。

手持ちなのでかなりブレていますが意外と光も遠くに届き写真になりそうな感じです。

ヘッドランプは少しフォーカスを絞り気味、LEDの小さな物ですが明るく強力に照らしているように見えます。

カメラの高ISOも良くなり今まで不可能と思われていた対象も撮影できるようになってきました。

今度は息を止めスローシャッター、ヘッドランプとLEDのフラッシュライトの2灯撮影。

手持ちなので自由なライティングは出来ませんが近くのものは想像以上に綺麗に写ります。

これで三脚に取り付ければもっと自由にライティング出来て面白いと思います。

こちらは少しズームインしてみました。

拡大して見ると水滴に反射した光源が点線になって写っていたりします。

光の筋を良く観察するとLEDライトのフリッカーがそのまま出ている様子、この写真ではシャッタースピード1/4秒なのであまり目立ちませんが、今回使用したヘッドランプは1/50秒で5回の点滅を繰り返していました。

LED光源、特殊な撮影の場合この辺りのことが問題になるケースも出てくるかもしれませんね。

暗闇の中の撮影で1つの収穫でした。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックしてください。

0 コメント