高松城址蓮池

ミツバチを撮りに出かけ始めて丁度1週間。

その間、撮影時間に太陽が出ていたのは1日だけで他の日は曇か小雨でした。

ミツバチの撮影で手にかかる機材の重みに耐えかねて少し休憩する時は小さなカメラで蓮を撮りながら休みます。

早朝の光が綺麗なので太陽が出ると休憩時間が少し長くなります。

今年は葉っぱも大きく花数も多いです。

昨年の洪水の影響か、管理者の手入れが良かったのかあるいは天候の具合なのでしょうか。

早朝の風と陽の光を浴びながらまた新しい一日が始まります。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

よろしくお願いいたします。

0 コメント

ポートフォリオ用ファイルが届く

以前使用していた8x10のプリントを入れるファイルが欲しかったのでネットで検索してみると・・・・欲しい物はとんでもなく高価、オマケに並行輸入品と書かれています。

ということは日本で作っていないのか!

そこで、以前購入したB&Hで調べてみると・・・・一冊14.56ドルと以前と変わらない金額。

久しぶりに海外から取り寄せすることにしました。

岡山の田舎からでもネットだと簡単に発注完了。

発注してから丁度1週間手元に荷物が届きました。

少し軽いなと思ったら・・・・注文個数が足りてない、どうやら半分くらいはバックオーダーになっている様子。

以前と変わらぬ期待通りの中身でした。

透明ポケットはPolyglass製、透明感の有る素材で写真がとても見やすいのです。

写真を入れて完成させるのが楽しみです。

ITOYAさん日本でも是非作って下さい。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

応援よろしくお願いいたします。

0 コメント

2.5mm、3.5mmラジオスレーブプラグジャック対応

先日のこと、ラジオトリガーを持っていくのを忘れ現場で工夫を試みるも全て上手くいかず、結局10mの長いPCコードを使用して仕事をしました。

やはりコードがあると撮影上少々邪魔に思います、おまけに時々カメラから抜け落ちたり・・・・。

現場はコメットの古いスタジオ機材、写真右端の2足のプラグが本体と繋がります。

そこで、今持っているラジオトリガーが使用できる様に2.5mm、3.5mm両方のプラグジャックを繋いだ物にコードを改造しました。

コメット用(ミニカムにも使用)のプラグに2.5mm、3.5mm両方のプラグをつけたものと3.5mmのメスに2.5mmのプラグを付けたものを作っておくことにしました。

コードの方はハンダ付けした後で古典的手法で糸を巻きつけ接合部分を丈夫に加工し、その上からホットメルトで接続部分全体を包みます。

少し雑ですがなかなか丈夫に仕上がります。

もう1つの方はコード無しでハンダ付け、そのあとは同じ様にホットメルトでしっかり固定しておきます。

これで、柔軟にラジオトリガーに対応できる様になります。

規格の違うものをなるべく持たない様にすれば済むことなのですが、現実はなかなかそうはさせてくれません。

困ったら、少しまた少しと改善していくしか無さそうです。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

よろしくお願い致します。

0 コメント

久しぶりにクリップオンストロボを買う

久しぶりにクリップオンストロボを買いました。

今回はソニー用、純正品も持っているですが訳あってこちらを購入しました。

評判は惨憺たる物から素晴らしい出来まで結構幅が広い様子。

これからゆっくり性能や使い勝手を見ていきます。

とりあえず、配光特性だけ確認しておきます。

中華物にしては中々良いですね。

チャージも噂通りで早くて外付けバッテリーは要らないのではと思います。

後はおいおいテストしてみます。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

0 コメント

中国製インクジェットペーパーのカタログとサンプルが届く

先日、中国からインクジェットペーパーのカタログとサンプルが届きました。

封筒を開けてびっくりなんと種類の多いことか!

フォトペーパーだけでこれだけの種類があるとのこと。

キャンバス系

話によると世界中へ販売している様子。

販売単位が大きいのでちょっと手が出ませんが、ネットで世界は近く広くなったようですね。

そして知らない間にインクジェットペーパーは進化しているんですね。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

よろしくお願いいたします。

続きを読む 0 コメント

朝練2日目 高松城址ミツバチを撮る

朝練2日目、今日は5時45分出発。

小雨が降ったり止んだりの天気で陽はささずあまり汗もかきません。

撮影機材を少し調整して臨んだので、1日目より少し歩留まりが改善しました。

それでもブンブン飛ぶミツバチをマクロ撮影で追いかけるのはかなり手強いのです。

ピントはマニュアル固定にして自分の体を蜂の動きに合わせて動かしますが・・・わずか数ミリの幅しかピントが合いません。

完全にアウトフォーカスしたものやフレームに入っていないものをカットした状態です。

タイミングが良かったのか、これだけ連続して捉えられることは今まで無かったことです。(多分今後も無いでしょう)

最初の写真はこの中の一枚を少しトリミングして載せています。

朝練のミツバチマクロ撮影を終え、少し園内を散歩。

早朝の清々しい園内は実に気持ちが良いのです。

続きを読む 0 コメント

撮影の朝練をミツバチ相手に始める

今朝早く岡山市北区にある高松城址公園へでかけました。

目的は撮影の朝練、この時期は撮影仕事が少ないので飛び回るミツバチを撮って撮影感覚を落とさないようにします。

というのは表向き、実際にやってみると撮影の奥深さやミツバチの面白さにハマってしまうのです。

撮影機材はこちら。

昨年来手入れもしていないのでアチラコチラが不具合だらけ、おかげで針金が蜘蛛の巣のように。

次回の訓練までにもう一度組み直しておきます。

今日の城址公園の蓮、これから半月ほど朝練が出来そうです。

早朝の蓮池はミツバチの楽園、今季は花芽も多く良いミツバチのポートレイトが撮れそうです。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

よろしくお願いいたします。

0 コメント

PLM用ディフューザーの修理

PLMのホワイトディフューザー、使用頻度が高くなると傷んで来ます。

特に大きなタイプは力がかかるのかつゆ先にしばしば穴があくトラブル。

小さな穴は白のテープで塞いでいたのですが、アチラコチラに小さな穴が目立ち始めたので今回はあて布をして接着剤で止めます。

アンブレラのつゆ先に当たって空いた小さな穴。

ホームセンターで買ってきたボンドと当布を用意して修理開始。

ボンドを使うと切っただけの当布もほつれないので修理が簡単です。

PLMはいま出張撮影でも活躍しているので大切に使用しています。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックしてください。

よろしくお願いいたします。

0 コメント

ニホンミツバチの巣を夏向きに交換

暑くなってきました。

毎日ニホンミツバチは巣箱の冷却とハチミツ濃縮のため巣箱の中や周りで休み無くブンブンやっています。

あまりに可愛そうなので見かねて夏用の風通しの良い架台に交換してやります。

今まで置いていた巣箱を少し移動、新しい溜桝式の架台と継ぎ足し用の巣箱を今まで設置していたところへセット。

水準器で傾き調整。

今までの巣箱の底板部分を外して風通しの良い新しい架台の上に乗せ、つなぎ止めれば巣箱の方は終了です。

後でこの上に屋根部分の板を取り付けます。

こちらは今までの巣箱の取り外した底板部分、たくさんのハチが動き回っています。

内側の色が茶色の部分は巣門近くで蜂が動き回る場所なので新しい夏用の底板にもプラットフォームとして残しています。

続きを読む 0 コメント

進路用個人撮影2日目(小さな発見)

今回の撮影予定は3日間、今日は2日目。

店を1時間前に出発。

ところが、堤防の修復工事のため道路で片側交互通行。

予想より10分ほど遅く25分前に到着、前日とは違う部屋へ荷物を運び込み20分前からセッティング開始。

少し時間の無さが影響したのか、レフの組み立て手順を少し間違えそのまま成り行き任せで組み立ててみると・・・アレレ、良いじゃないですか!

今までとはスタンドが反対方向にもセッティング出来、その上スタンドとのバランスも良くなっています。

垂直方向で使うにはセットの場所も取らずグッドです。

些細なことですが、こんなことが有ると嬉しくなります。

セッティングも時間内に終了。

後は生徒さんの登場を待つばかりです。

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

よろしくお願いいたします。

0 コメント

進路用個人撮影1日目

機材を軽トラの荷台へ積んで出発!

進路用の個人撮影(証明写真用)です。

20年ほど前の機材と比較すると随分内容が変わりました。

撮影のライテイング等の基本的なことはあまり変わっておりません。

使用するライトは全部で4灯。

以前、故障したライトは修理に出せていないので代わりのライトをCH3に使用しています。

他の3灯の倍の出力がありますがこのコマンダーからは出力変更できません。(それなりのパーツを付ければコントロールかのうになります)

一応-6.0の数値が入っているのですが手動で出力調整しています。

待ち時間があったのでキーライトに使うPLMをテストしておきました。

左が今回使用した64インチPLM、右は少しこぶりな51インチPLM。

次の出番に備え装着して実際の違いを確認しておきました。

Paul C BufのPLMは厚みが薄いので使い勝手がとても良くて大好きです。

さて、準備も出来たので生徒さんの登場を待ちます。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

よろしくお願いいたします。

0 コメント

ひまわりと備中国分寺五重塔

梅雨時期の曇り空、仕事帰りの途中備中国分寺五重塔の近くにひまわりが咲いていました。

車を止めて1、2分撮影タイム。

まだ咲き始め、梅雨が開けた夏空の下で撮影したいですね。

たくさんのひまわりの中で少しだけ変わった花びらの花があったので、PSでほんの少しだけ遊び心。(実物の花を傷つけることのないようにしましょう)

これから少しの間、備中国分寺五重塔はひまわりが多くの写真愛好家を惹きつけるのでしょうね。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

よろしくおねがいいたします。

0 コメント

あれから1年

西日本豪雨災害から1年が過ぎました。

写真は昨日撮影した真備町近くの高梁川、この写真の少し下流で真備町から流れてきた小田川と合流します。

写真でお判りのように堤防の内側の木々は未だにそのままで伐採されておりません。高梁川の流速が増さなければ支流の小田川からの流入量が落ちることは素人目にも判ります。

こちらは反対側の東側、堤防の強化はされたものの河川敷の木々はそのまま残っている様子。

中には西側と同じ様に堤防より遥かに高い木々も点在しています。

道路から見ると立派な木々が小さな森の様に見えています。

また、大雨が降ると同じ事を繰り返すのでしょうか?

自分の住んでいる周りを見回しても一年前と何も変わっていません。

 

この大きな河の水の流れが改善されれば周りの小さな川にかかる負荷がかなり軽減されると思うのですが、いかがでしょうか?

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

よろしくお願いいたします。

0 コメント

空気感を残す

早朝の備中国分寺、朝焼けの写真を何度か撮影に行きました。

素晴らしい朝焼けを期待していくのですが、ぱっとしないまま朝日が登ってきたり・・・。

そうした時でも写真を撮影して帰ります。

自転車の早朝練習でしょうか、細い農道を走って行きます。

最近のデジタルカメラは性能が良いので空気感まで写しとってしまいます。

後の現像処理でこの空気感を消さない様に注意して処理します。

少しは空気感が残っているでしょうか?

今、撮影後の後処理でとても気になるこの「空気感」。

失わないように出来ているか撮影も後処理も、とても気になります。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

よろしくお願い致します。

0 コメント

複写の仕事

少なくなりましたが複写の仕事がたまに入ってきます。

写真の撮影や処理がデジタル化され、こうした仕事もスキャナーを使って処理されることが多くなりましたが写真の状態によってはカメラで撮影したほうが結果が良い場合もあります。

今回はその中間的な状態。

少し迷いは有りましたがカメラで複写方式にしました。

写真表面に銀が浮いてテカテカと光っている上に表面に目があります。

難易度が高いものです。

処理工程は何度もやっているので問題ありませんが、後工程が楽に出来るように撮影しておきます。

使用したのはE640を2灯。

出力は1/16 40Wsです。

撮影を終えると後はフォトショップの出番です。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

よろしくお願いたします。

0 コメント

セミナーをすることになりました

来月8月1日、中国ブロック写真家連合会岡山大会にてセミナーをすることになりました。

「美しい光を求めてライティングレッスン」という題目でおしゃべりとワークショップを予定していますが持ち時間が90分しかありません。

さて、思いをお伝えすることが出来るでしょうか・・・・・今までやってきたことのすべてぶつける初めてのセミナー。

もともと人前でしゃべることが苦手な性格。

セミナーの内容についてリクエストが有ればコメント入れておいて下さい。

よろしくお願いいたします。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

よろしくお願いいたします。

0 コメント

吉備津神社あじさい園

仕事の途中、吉備津神社のあじさい園に立ち寄ってみました。

長い回廊の山側斜面には広いあじさい園があります。

写真の階段は長い回廊から岩山宮へ続く階段、その両側いっぱいにアジサイの花。

参拝の方も多くここでゆっくりした時間を過ごされている様子。

あじさい園から梅林へと続く道。

ふだんあまり通ることがありませんが、時間が有る時はゆっくり楽しみたい小道です。

回廊から見たあじさい園、後少しの間あじさいが楽しめそうです。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

よろしくお願い致します

0 コメント

シンプルなレリーズ

このところの夜間撮影はどうも上手く撮影できません。

初歩的なミスをしたり設定を面倒に感じたり・・・・・。

そこで、タイマー付きレリーズからシンプルなレリーズに切り替えました。

夜間撮影では操作性の良いキヤノンのカメラを使用していましが、ソニー用プライムレンズを少し買い足したので、本体をソニーに切り替えました。

途端に、撮影のセッティングで少しもたつく様になりました。

暗闇の中のセッティングという事もあって機材はシンプルなものの方が扱いやすくかんじます。

今まで使用していたタイマー付きのレリーズからこちらのレリーズに交換してみます。

使用する3台のカメラに取付け練習と確認作業をしておきます。

タイマー付きのリモコンと比べるとコンパクトでシンプル。

これで失敗が少なくなれば万歳ですが・・・さてどうなる事やら。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナークリックをお忘れなく!

0 コメント

低価格UVフィルターを買ってみる

Amazonでリモートスイッチを探していると、UVフィルターが目に止まりました。

そういえば先日の夜間撮影、暗闇でレンズ交換する時にレンズ面を少し汚してしまいプロテクトフィルターを付けておかないと傷を付けてしまうなと思いました。

クリックしてみると非常に低価格な製品も沢山有るようで、一つ買ってテストしてみることにしました。

レンズを清掃してから取り付けます。

取り付けるとフィルターの周りに金線が入っています。

装着前に気やすめでカラーメーターで測定・・・問題なし。

他にも気やすめを少し実施。

最後に実写テスト

フィルター付き、フィルターなしで上の様に10枚づつ撮影し、中央部と四隅を比較。

ほとんど問題なく使用できそうです。

ただ経時変化、コーティング等時間を掛けて見守らなければ判らない事もあります。

その辺りは時間をかけたテストをしてからということになります。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

よろしくお願いいたします。

続きを読む 0 コメント

ミツバチの巣箱用の架台製作(溜桝)

パソコン画面に向かって写真のレタッチ作業をしていると色々なことが頭に浮かび巡って消えてゆきます。

完全に集中するとそうした雑念も消え音も頭に届かなくなります。

その一歩手前の意識の中で思いついたのが今回のミツバチの巣箱用の架台です。

忘れないうちにメモ用紙にメモしておき、ホームセンターで材料を買ってきました。

試作品なので製作個数は2個。

メインの材料は家の建築現場の排水路に使われる溜枡。

価格は1個1500円ほど、後は目の細かい金網ともう少し目の小さいプラスチックのネットです。

道具類は家に有るものを使うので新たな購入はありません。

溜桝を上下逆さまにしてコンクリートを巣箱の内寸に合わせてタガネで斜めに加工します。(柔らかいので簡単に加工できます)

 

風通しを良くするため普通パイプがくるところに穴を開けて目の小さいネットをシリコンで貼り付けます。

後はコンパネと金網を写真のように加工してほぼ出来上がり。

最後に巣箱に合わせて底板(黄色い塗装コンパネ)に巣箱を乗せ上下の周りを固定すれば完成です。

続きを読む 0 コメント