夏休みの工作 ビデオ撮影用モニターの遮光フードを作る

ビデオ撮影も室内室外といろいろな条件で撮影していますが、屋外晴天時の撮影は時にモニター画面が太陽光に負けてほとんど見えない状態になります。

そこで廃材を利用して遮光フードを作りました。

薄い黒のマットボードの切れ端を使い使用しているモニターの短いフードに合わせて一回り大きな庇の長いフードにしました。

使用した薄いマットボードの端材

適当なサイズに切りmtテープでつなぎ合わせれば出来上がり。

後は落ちないようにマジックテープを左右に貼り付けます。

両面テープと事務用のステープラー(ホッチキス)でメスのマジックテープをフードに止め付けて完成です。

オスのマジックテープは始めからモニター本体に付いています。

マジックテープの取り付け状況。

軽くて折りたたみが簡単、携帯性の良い遮光フードが完成しました。

紙にコシがあるので思った以上にしっかりしています。

実際に快晴の昼間屋外で使用してみましたが、今までとは見え方が全然違います。

時間を見て予備にもう一つ作る予定です。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

0 コメント

日本ミツバチ 分蜂?逃亡?

先日、家で飼っているニホンミツバチが巣箱を飛び出して近くの松の木の枝に蜂球をつくりました。

この時期にこの状態になるのは逃亡かなと思いつつも分蜂の可能性も・・・・やはり箱に取ろうとします。

一応、余分の巣箱と飼育場所を用意して蜂球を作ったミツバチを巣箱の中へ導き入れます。

使ったものは霧吹き器、嫌がる霧を吹きかけて巣箱へ追い込みますがなかなか入ってくれません。

10分後やっと移動が始まりました。

ぞろぞろと巣箱へ入る様子は見ていて飽きません。

1時間後箱の中にすべて収まり設置場所に巣箱を置いて完了。

逃亡した群れか分包した群れか? 未だに判断はつきませんが時間が経てばいずれ判ること焦らず世話を続けます。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

0 コメント

S-Log撮影のテスト

ビデオグラファーとしての修行は続きます。

先日はS-Log撮影の画像をPHOTOSHOPへ取り込んで補正してみました。

S-Log撮影の軟調な画像をフォトショップのトーンカーブと色相彩度2つの調整レイヤーを使って調整しています。

動画編集ソフトでは主にトーンカーブとカラーホイールを使用して調整していますが少し反応が遅く(マシン性能によるのか?)、使い慣れたフォトショップの方で調整してみるとLog撮影の画像がより良く理解できるのではないかと思いテストしてみました。

この日はピーカンの屋外でビデオ撮影テスト、通常の撮影では黒つぶれと白飛びが気になるところですがLog撮影はその辺り問題なくすべて範囲内に収まっています。

テストを終えると同じ条件で本番撮影が待っているので、出かけます。

 

まだまだ道半ば、毎日毎日が新しい挑戦の連続で少しづつ気持ちだけがが若返っているような錯覚を覚えます。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックしてください。

0 コメント

畑の野菜

ももの収穫作業も数日前に終わり、少しホッとしています。

今年の出来は・・・収穫した量は多かったのですが少し傷んだものが多く差し上げれるだけの品質のものはかなり少なかったように思います。

そのため、ジャムなどが数多く出来ました。

今年の収穫を終え来年に向けて反省することがたくさんありました。

 

さて、畑では桃に変わって野菜が毎日採れています。

雑草をかき分けお目当ての野菜を見つけ出します。

畑の野菜はもう少しの間楽しめそうです。

 

 

お手数でもブログ記事師下のバナーをクリックしてください。

0 コメント

オズモポケット

2ヶ月ほど前、動画を始める時に予備の機材として購入。

今に至るまで少しづつ使い続けてきました。

確認画面が小さくて老眼が進んだ体と付き合っている自分には少々使いにくく感じていました。

ところが2日間連続して片手間に動画の撮影をすることになり、動画をこれ一台で撮影してみました。

結論から言うと今回の用途ではかなり使えました。(細かい不満も沢山ありました)

あくまで片手間の動画撮影、ちょっとした記録用でした。

写真の撮影時は手に持ったり写真のようにちょっとしたところに置いて撮影したり・・・・移動する時は静かに手に持ち移動しながらの動画撮影も・・・なかなかいい感じに撮影出来ています。(毎日の練習の成果も出ているようです)

やはり上下左右の首振りと手持ち時のスタビライザーがこれだけのコンパクトさに収まっているのは凄い事です。

手に持つと本当に小さくシャツの胸ポケットにも入ります。

今は少し改造して本体に広角レンズ用のアタッチメントもくっつく(真ん中の写真)ようにしています。

そしてかまぼこ板風の保持具(オズモポケットとアンドロイドスマホをつなぐ)も作って見ました。

また、機会があったら紹介します。

 

 

お手数でも記事下のバナーをクリックしてください。

0 コメント

深夜はビデオグラファー

深夜、その日撮影してきたビデオの編集作業をします。

時間のかかる作業ですが深夜の静かな時間は編集作業に最適です。

判らないことはネットで調べたり関連したYou Tubeを見て学んだり、昔とは比べ物にならない知恵の多さに感謝と感激です。

ビデオはスチルと違い編集の過程で言葉を選択し会話するように作り上げていけるように感じています。

まだ取り組み始めて2ヶ月にもなりませんが、少しずつ語彙が増えて会話が楽しめるようになってきたように思います。

そして、この2ヶ月間で撮影から編集までのプロセスが苦しみから楽しみに変わってきました。

 

1本の動画を撮影から編集して仕上げる作業も半ばを越えこれから終盤に向かいます。

沢山の人に見て喜んでもらえる作品に仕上げるよう深夜の作業はこれからも続きそうです。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックしてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
0 コメント

銀塩プリンタ(フロンティア)のカラーキャリブレーション

銀塩プリンタの現像液を交換、数日プリント処理したのでプリンターのキャリブレーションをしました。

パッチ数は2033、四切サイズ4枚へプリント。

i1PRO2でパッチを測定します。

20分ほどで測定完了、なんだか久しぶりの測定なのでちょっと時間がかかってしまいました。

すっかり設定や手順を忘れています。

画面の調整も一緒に済ませます。

これでモニターとプリントがほぼ一致、銀塩プリンターは処理量の変動や気温差などでかなり色が変動します。

基準となるカラーキャリブレーションはプリントする上で大切な基礎部分と考えています。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックしてください。

0 コメント

コロナショック フロンティア母液交換

富士フィルムの銀塩デジタルプリンター「フロンティア」コロナの影響で処理量が極端に減り処理液の維持が困難になってしまいました。

先行きを考えても良くなるようには思えませんが、処理液の状態を改善しなければなりません。

そこで、処理性能が落ちた液を捨て新しい液に交換(母液交換)しました。

手順を間違えないように処理ラックの取り出し、処理液の廃棄、処理槽の洗浄と続き母液を入れ元通りに処理ラックをセットすれば大まかな作業は終了。

今回はその他の処理槽も同様に洗浄しました。

朝から始めて昼前には終了、その後液温度が設定値になるまで待ってからテストプリントを開始。

結果は予想通り、色味も満足な仕上がりです。

 

周りを見ると銀塩からインクジェットへ切り替えるところも出ているようですが、個人的なこだわりも有ってできるだけ銀塩を続けていきたいと考えています。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックしてください。

0 コメント

動画もストロビストの精神で!

2006年アメリカでデービット・ホビー氏がストロビストのブログを書き始めました。

その時、サイト名の下に順序は忘れましたが「レスマネー チープギア モアブレイン」と書かれていました。(もちろん英語で)

その文字はいつの頃からか彼のブログから無くなってしまいましたが、強い影響を受けた私は体に染み付いたまま今に至ります。

最近ビデオグラファーに挑戦を始めたばかりですが精神的なものは彼の精神を引き継いだまま変わっていません。

前置きが長くなりましたが、今回写真のような出で立ちを考案しました。

もちろん「レスマネー チープ・・・・」の精神で。

ステディーカムの専用ベストのようなものも売られているようですが、このスタビライザーには少し大げさすぎるような気がします。

上の3点のパーツを組み合わせて使用します。

写真のように両手が空くので操作が非常に楽になります。

その上スタビライザー本体を手のみで支えなくて良いのいで撮影は疲れません。

これを思いついて使い始めて画像はより安定してきた気がします。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

0 コメント

LED+ソフトボックスの温度上昇テスト

LEDライトも出力が大きくなると結構熱くなります。

通常は冷却ファンが回っていて放熱板から熱を逃していますがソフトボックスタイプではどうなるのでしょうか? 

動画撮影では長時間点灯することも多いのでテストをして安全性の確認をしておきました

テストに使用したのはGodoxSL-200Wと100W、モディファイヤーはGLOWのParapop38(inch)とParapop28。

最初は両方とも50%出力で3時間点灯を続けてその結果は。

SL-100 Parapop28の表示は37℃

SL-200 Parapop38の表示は35℃

ソフトボックスマウント部に触れても少し温かい程度。

そして、出力を100%に上げて1時間結果は。

SL-100 Parapop28は57℃

SL-200 Parapop38は51℃

という結果、室温26℃長時間使用でも危険は無さそうで一安心。

後はライトの冷却ファンの音がどれくらい入るかという疑問・・・・・機材がまだ思ったように揃わないのでこの辺りは後日ということに。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

0 コメント

動画用のライティング

最近、深夜の時間は動画用のソフト攻略とライティングテストです。

普段のスタジオ撮影(写真)と違うところが沢山出てくるので毎夜少しづつテスト撮影したり調べ物をしたります。

この時はクロマキーと動画のライティング。

LED2灯の撮影はストロボ撮影用のモディファイヤーをそのまま使用しています。

今はいろいろな選択肢があって迷うこともありますが、従来の写真撮影のノウハウを活かして使えば動画のスタジオ撮影も少し工夫出来そうです。

撮影できる場所に応じて持ち込める機材の量は制限がありますが音撮りも含めるとどうしても機材量が増えてしまいます。

その上、後の処理方法まで考えながら撮影しなくてはなりません。

毎日、毎晩撮影から後処理までのトレーニングが続きます。

やるぞと決めて約1ヶ月半、少しづつ体が動画に慣れ始めたようです。

まだまだ先は長く暗い道のり・・・毎日コツコツ続けていきます。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

0 コメント

夏休みの工作 ファントム4用ND

先日探しものをしていたら富士フィルムのNDフィルターが新品未使用状態で出てきました。

かれこれ40年以上前のモノでしょうか、何時頃買っていたのかはっきりとはしませんが、東京にいた頃?でしょうか。

それから紙筒、太さはファントム4のカメラの外径部分と同じくらいで僅かに細いだけ。

紙筒の内側をすこし剥がせばちょうどピッタリのサイズになりそうです。

早速、工作を始めます。

といっても紙筒の内側の紙を少し剥がしNDフィルターをその内径に合わせて丸く切り抜けば終了です。

作業を始めて30分、夏休みの工作は楽しむ前に終了。

カメラのレンズ部分にはめ込んでみます。

材料は軽いのでキツめのはめ込みにしておけば外れることはありません。

早速テスト飛行と撮影です。

フィルターのナンバーはND 0.6なので2絞り分に相当します。

動画と静止画を撮影してみましたが問題なく使えています。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

続きを読む 0 コメント

高松城址「蓮とミツバチ」と困った事

今年はコロナショックで高松城址蓮池ミツバチの撮影練習をすっかり忘れていました。

先日、そのことに気付いて早朝撮影に行きました。

但し、いつものようなミツバチ主体のストロボ撮影ではなく今回は動画でチャレンジです。(ここに動画は載せていません)

動画で撮影した時に撮った静止画・・・あれれ?!・・・羽がおかしいな???

よく見ると体の後ろにも羽の一部が写っています。

シャッタースピードは1/1600秒、他のコマも調べてみると・・・・。

羽が途中で形が変わったり背景にいるハチの羽が胴体と離れて変な形に見えたり・・・・。

こちらは1/3200秒。

もうこのカメラはミツバチには使えそうにありません。

カメラはソニーアルファ6400です。

あくまで撮影練習、ハチに撮影依頼されたわけでもなく問題なかったのですが、もしこのカメラで同じようなものの撮影があったらと考えると・・・ちょっとゾッとします。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

0 コメント

桃が熟し始めました

長い間降雨が続きましたが、ここ3日ほど雲は多いながらもいい天気が続きました。

一時は心配していましたが、大きなものはオレンジ色の袋を破るほどのサイズになり、色づきも良くなり試食してみたい衝動にかられます。

こっそり一つだけもいでみました。

少し大きめのサイズと良い香り、早速頂いてみるとまだ少し早いようです。

今年は7月23日頃から収穫作業を始める予定。

さて、2週間弱の収穫作業結果は如何に。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

0 コメント

リモート撮影に備える

200人ほどの集合俯瞰撮影に備えて無線接続のリモート撮影の練習と確認作業です。

外は雨、明日の撮影に備えての準備の一つです。

建物4階の窓から外に並んだ人々を俯瞰で撮るのでカメラを4階窓際にセットして撮影は下からスマートフォンで画面を確認しながらシャッターを切ろうとテストをしています。

ただ、この条件で電波がどこまで届くか気になったので距離を変えながらテストしています。

使うソフトはソニーのイメージングエッジモバイル。

テストの結果は微妙な感じ、15m近辺で接続が切れることも・・・・今回の集合撮影は無理かも。

他に方法がないわけではありませんが、今回は2人体制で1人がカメラでもう1人が下で指示をしながら並べるやり方のほうが間違い無しと判断しました。

それでもカメラとスマートフォンだけで無線接続は便利です。(もちろん専用のアプリは必要)

距離が30mほど飛べばもっと使えるのですが距離が離れると画像表示も遅延が発生したり切れたりするので残念な結果となりました。

それでも練習しておくと必要な時すぐ使えるのでけっして練習は無駄ではありません。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい

0 コメント

ビデオグラファー修行中

最近の撮影はスチル50%ビデオ50%の割合!?

まだまだ自分の体の一部のように動かない機材で奮闘中なのです。

しかし、ビデオの世界は写真よりも遥かに幅が広く奥深く感じます。(音まで扱い機材の量など多いので)

まだ出来ることは限られていますが徐々に広く深く踏み込んで行きたいと思います。

今の所機材は限られていて何でもという訳には行きませんが必要に応じて徐々に増えていく気配です。

使い始めて1ヶ月にも満たないDJIのスタビライザーにもかなり慣れてきました。

毎日毎日使い続けていけばきっと思い通りに動くようになるのではないかと期待しながら・・・・・。

当分写真と動画半々の日々は続きそうです。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

0 コメント

カメラ修理

背面液晶が割れ修理に出していたアルファ9が修理出来て返ってきました。

交換部品の一部もついて・・・他1,2点の部品も有ったようなのですがメーカーの方で解析するということで返却されませんでした。(残念!)

返却された部品を見て参考になることがたくさんあります。

その構造とか実際の使用上の扱い方など・・・・・。

写真右側のホットシュー部の拡大写真。

反対側から見るとこんな状態になっています。(これでも少し掃除をしているのです)

金色の接点部にかなりの腐食が出ています。

集合写真などでストロボが発光ミスしたり誤作動を引き起こすのではないか等と少しゾットします。

今まではホットシューにカバー無しで使用していましたが今後はカバーを付けて使ったほうが良いなと思いました。

小さくて無くなりやすそうなカバーですが使うことにします。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

0 コメント

クワガタムシを撮る(深度合成)

先日の夜間撮影から帰り道、コンビニに寄ると外の明かりにクワガタムシを友人が見つけ撮影に使おうと有料のコンビニの袋に入れて持ち帰りました。(友人は虫嫌いなので車の中へ持ち込む事にも少し抵抗が有ったかも)

店に帰り着くとデータのコピーなど済ませクワガタムシの入った袋はテーブルの上に置いたまま。

翌朝、撮影しようと持ち上げてみるとどうやら袋を食い破って逃亡された様子、袋に小さな穴が空いていました。

どこへ逃げたか判らず諦めていたのですが次の日に偶然発見。

深度合成(フォーカススタッキング)撮影練習のモデルになりました。

畑に虫食いの桃が熟れかかって落ちていたので切って与えてみると桃を独り占めして食べています。

 

この写真は絞りを浅めにして20枚ほどのショットをスタッキングしています。

拡大すると細部で気に入らないところも多々ありますが比較的きれいに深度合成出来ています。

撮影を終えたクワガタムシ。

近所の子にあげようと心当たりをあたってみると・・・・虫を怖がる様子。

ということで未だにスタジオで桃を抱いたままです。

明日また貰い手を探します。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

0 コメント

夜間撮影 ホタルの幼虫も写る

先日の夜間撮影、飛ぶ数が少し少なくなったヒメボタルを数時間撮影。

上の写真は車の通る道路の上なので飛ぶ数は非常に少ないのですがそれでも両側の林の中から迷い出たホタルが相手を求めて切り立った崖下の道路上を飛んでいます。

このカットは画面のほんの一部分、右下の部分です。

右隅にレンズの収差がかなり出ていてかなり気になります。(画像を見ていると修理が必要かどうか少々気になるところです)

 

ホタルの幼虫ですが、写真の中央部少し緑色の光の筋(細い点線)、他の黄色の光跡は飛んでいるホタルのため黄色の点の間隔が広いですが幼虫は動きが遅いのでその間隔極端に短くなっています。

緑の線は幼虫が約1時間道路を這って移動した距離です。

幸運なことに1時間、車が一台も通らなかったのでひかれてしまうことも無く崖下道路の端まで無事移動できたようです。

このまま無事成虫になり飛び立ってほしいですね。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

0 コメント

カメラの背面液晶が割れる

先日のこと夜間撮影から帰り機材を片付けているとカメラの背面液晶が割れているのに気付きました。

撮影中には無かったように記憶しているので多分カメラバッグ内でカメラ同士がぶつかり合って割れたのではないかと想像します。

最近、夜間撮影には小さくチープなカメラバッグを使うようにしたのでその辺りが影響しているのかもしれません。

今まで何度か同じようなトラブルを経験したので、今後は大きめのカメラバッグに戻そうかと思うようになりました。

それなりの機材を入れるのでやはり重厚で少し余裕のある造りのバッグにしたほうが良さそうですね。

一回の修理代でカメラバッグは十分買えそうなので心がけを改めないとだめですね。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。

0 コメント