集合写真は屋根より高いキーライト

今日は岡山市足守にある有名なお寺、龍泉寺へお邪魔しています。

このお寺で有名なお瀧の前で集合写真を撮影します。

背景は鬱蒼とした木立の中にある行場、左右からストロボ2灯で照明しています。

手前は少し明るく空がのぞいていてヒナ段の所と背景は3絞りほどの違いがあります。

背景と左側は岩場、右側には行場の建物が迫っていて人物用に使うメインのライトは・・・引きがないので屋根の上に突き出してセットしています。(4m弱まで上げれるライトスタンドを使用)

高さはストロボ位置で3.6mほどで人物には丁度いい角度です。

この位置を思いつくまで何年もかかりました・・・いつも自分の立ち位置で物事を考える習慣が身について屋根の上という発想が出てこなかったのです。

奥側のストロボも3m越えで落ち込むバックグラウンド用に使用します。

この他にカメラの左側からもっと遠くのバックグラウンド用に1灯。

最後の1灯はほぼカメラ位置からです。

使用した機材はポールシーバフのAB1600を4灯、ラジオスレーブはポケットウィザードです。

この場所は天気が良いと左側から太陽光が木の葉の間から強烈に差し込みます。

その時AB1600(640Ws)の出力はフルパワーとなり余裕は無くなります。

 

備忘録としてセッティング位置が判るように撮影しておきました。

 

 

お手数でもブログ記事下のバナーをクリックして下さい。