Godox XproS 本番中に予想外の故障

結婚式中の集合写真、Godox XproSをソニーα9のホットシューに取り付けて2灯ライティングで無事撮影終了。

その後すぐにXproSを外しクリップオンストロボを取り付けようとしましたがXproSがホットシューから外れません。

いくら引っ張っても、締め付けリングを何度も緩め直してもびくともしません。

ロックリングが妙に軽く小さな何かが落ちたように感じたので、見ると小さな黒いものが・・・とりあえずポケットに入れておいて、どうしようも無いので予備機を片手にもう一方にはこのままの状態で使う事にしました。

仕事はなんとか出来たものの店に帰ってもう一台と比べてみると小さな部品がなくなっています。

やはり、あの時のものがそうだったようです。

竹ベラの先の箇所、ここに精密ドライバーの尖ったものを差し込んで中のパーツを上に持ち上げるとホットシューから難なく外せました。

さて、すぐに修理に取り掛かります。

まず、バラして壊れたシュー取り付け部分の確認です。

最初のバラしは特殊なドライバーが入ります。(携帯などに使われているタイプ?)

一番手前の小さく複雑な形をしたものが一部破損していました。

拾い上げた小さなパーツとバラして取り出したパーツの破断面がピタリと合いました。

この部品はロックした時にホットシュー部の穴に入って固定するパーツです。

折れたパーツはロックナットを緩めるとナットとともにロック部分の爪を上に引き上げるパーツです。

ご丁寧に2箇所が穴に入るように作ってあります。

プラスチックの破損いつもですとプラリペアで接着するのですが、加工しようとルーターを当てると非常に硬いプラスチックでプラリペアでも接着面が小すぎるので接着は諦めました。

その代わりにカッターナイフで垂直側の面を斜めに切り落としてロックナットを緩めて引っ張るだけで抜けるように加工しました。

これで加工した破損パーツをそのまま元に戻せば使える筈。

組み立て完了後の写真です。

どちらもロックナットを締めた状態。

左は正常品、右は今回の修理品です。(赤矢印の箇所が切り落とした部品です。)

しばらく使用してみないと不具合が出るかどうかわかりませんが、何度かテストした結果では問題ないようです。

 

そして、ポケットの中のキーホルダーに小さな精密ドライバーを付けて常時持つようにしました。

皆様お気をつけ下さい。

 

 

お手数でもブログ記事下の「パンダ」「桜と小鳥」をクリックして下さい。

よろしくお願いいたします。

岡山県岡山市北区吉備津1128

 

電話兼FAX (086)287-3017

 

E

-mail info@kanetomo-photo.com

 

営業時間 7:00~19:00

定休日 なし

金友写真店