フロンティア DIコントローラーの色合わせ

フジフィルム フロンティアは数少ない銀塩用のデジタルプリンターです。

最近ではフォトショップからの出力が多くなってきましたが、時々保育園などのスナップ写真の処理をフジフィルムのフロンティアDIコントローラーで行います。

ところが、フォトショップからの出力の様に色がなかなか合わないのです。

そこでDIコントローラーのマスターバランスを調整して色合わせをすることに・・・・。

RAW撮影済みの現像を受け持つパソコン、画面に現れた色が出来るだそのままプリンターから出てくる様に調整するのですが、プリント処理する中間どころに位置するこのDIコントローラーのプロセスが色の出力をややこしくしている様に感じます。

何度かテスト焼きをしてカラーのCMYと濃度Dの設定値を変えながらカラーバランスと濃度の一番近いところを探ります。

写真では色の傾向がよく判りませんが、プリント全体の感じで判断しています。

一番手前はYが¥になっていますね。(色が理解できてない方もいる様です。誰が書いたかな?)

銀塩専用プリンターはユーザーが少なくメーカーにも技術的な問題意識を持つ方が少ないのか、ソフトの改善なども一般のプリンターから比べると皆無です。

残念ですが、このままだと銀塩のデジタルプリンターもやがての姿を消す日が近いのかもしれませんね。

 

 

お手数でもブログ記事下の「雪だるま」「富士山」をクリックしてください。

よろしくお願いいたします。

岡山県岡山市北区吉備津1128

 

電話兼FAX (086)287-3017

 

E

-mail info@kanetomo-photo.com

 

営業時間 7:00~19:00

定休日 なし

金友写真店