ミニカムストロボは凄い!

買ってから30年以上になりますが、未だに現役で集合写真撮影には最も頼りになる頼もしい存在です。

この他に本体が1台、発光部は4、5個あると思います。

写真では左上がフォリノ、右側はEXL-2で、発光部は左からスーパーワイド、ワイド、ノーマルです。

今回はフォリノと3種類の発光管でテスト撮影してみました。(但し本体も発光部も購入から30年以上経過していますので、パワーが落ちている事が予想されます。(その辺りの事をご了承下さい)

今回のテスト撮影の状況。

カメラから縦桃の壁までは10m、人物までは8,5mです。レンズは24mm。

晴天の昼前(この辺りの状況が撮影時間として多いのではないでしょうか)

カメラのデータはISO100 1/200 F8です。

左の列にストロボ無しで露出を1Stopづつ変えた写真を載せ、家の壁の濃度が同じ辺りで右側におおよその位置に写真を配置しています。

 

撮影は24mmレンズを使用していますので,参考に「画角」を35mm(赤)、50mmの場合(緑)で印を入れていますので参考にして下さい。

スーパーワイドはこの24mmレンズを良くカバーしています。

私見ですが、ミニカムの配光特性は非常に素晴らしいと感じています。(色々なストロボと比較して)

集合写真撮影用にとても良く出来た物と思います。

最近では他にも沢山使えそうな物がありますが、光量が大きくてもこの配光特性がしっかりした物はあまり見かけません。